スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人 『霧越邸殺人事件』

綾辻行人
『霧越邸殺人事件』



「BOOK」データベースより
或る晩秋、信州の山深き地で猛吹雪に遭遇した8人の前に突如出現した洋館「霧越邸」。助かった…安堵の声も束の間、外界との連絡が途絶えた邸で、彼らの身にデコラティブな死が次々と訪れる。密室と化したアール・ヌーヴォー調の豪奢な洋館。謎めたい住人たち。ひとり、またひとりー不可思議極まりない状況で起こる連続殺人の犯人は。驚愕の結末が絶賛を浴びた超話題作。


読み終わるのに時間がかかってしまった(^^;)
そのせいか、途中からこれは館シリーズなんだと
信じて疑わず読み進めてしまい、
カラクリを期待してました(T-T)

これはこれで面白かったのですが、
仲間が殺されて行くのにずいぶん悠長な人たちだな。。。
と。
連続殺人が起こってる緊張感があまり伝わってこなかった(。-∀-)

でも最後まで面白く読めてよかったです^^



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

綾辻行人 『黄昏の囁き』

綾辻行人
『黄昏の囁き』



「BOOK」データベースより
兄急死の報に帰郷した医学生翔二は、元予備校講師占部の協力で、“事故”の真相を追い始めた。「ね、遊んでよ」謎の“囁き”に異常に怯える兄の幼馴染みたち。やがて一人また一人と殺人鬼の魔の手が伸びるなか、彼の脳裏に幼き日の恐るべき記憶が甦る。異色の長編推理“囁き”シリーズ第三弾!待望の登場。


このシリーズも好きだなって思ってたけど、
最初を読んでないな(^^;)
続きものじゃないから良いのだけど。

兄の急死から忘れていた過去の出来事が
じょじょに思い出され読み進めるにつれ
真相に一歩一歩近づいて行って良かった。

だが、またもややられた( ´Д`)
まさかあの人が真犯人だったなんて・・・。

ちゃんとした理由もあって納得。
犯人の身勝手さが犯罪者って感じがしてすっきり。
実はこの人が犯人でしたー、
終わり。
じゃなくてよかったです^^









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ





綾辻行人 『暗闇の囁き』

綾辻行人
『暗闇の囁き』



「BOOK」データベースより
黒髪を切られ変死した女性家庭教師。そして従兄とその母親も眼球と爪を奪われて死んだ。謎めいたほどに美しい兄弟のまわりに次々と起こる奇怪な死。遠い記憶の闇のなかから湧き上がってくる“囁き”が呼び醒ますものは何か。『緋色の囁き』に続く異色の長編推理“囁き”シリーズ第二弾、講談社文庫に登場。


館シリーズも好きですが、
こちらの囁きシリーズも好きです^^

出だしからこれってどうなの?と思ってましたが・・・
良かった、ホラーじゃなかった(^^;)

麻堵くんと実矢くんの兄弟がなんかかわいかったのですが、
最後の麻堵くんがちょっと怖かったです(。-∀-)







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



綾辻行人 『人形館の殺人』

綾辻行人
『人形館の殺人』



「BOOK」データベースより
父が飛龍想一に遺した京都の屋敷ー顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。


館シリーズ。遠くの島田さん、
なんかおかしいな?とは思いました(^^;)

あの島田さんが電話を受けて飛んで来ないなんて、
絶対おかしいと思っていたら、いやはや。。。

今回は騙されなかったぞ!(o^-')b
と思っていたらやっぱり騙された(T-T)

ようやくやって来たと思いきや。。。
なんだよ( ´Д`)

ちょっと雰囲気の違う館シリーズでしたが面白かったですよ^^




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


綾辻行人 『鳴風荘事件 殺人方程式2』

綾辻行人
『鳴風荘事件 殺人方程式2』



「BOOK」データベースより
奇天烈な洋館に集まった人々は目を疑った。六年前に殺された女流作家そっくりに、その妹が変貌していたのだ。そして姉の事件と同じ月蝕の晩、惨劇が彼女を襲う。“不思議な力”を持っているという黒髪を切られる手口も酷似してー。必要な手掛かりをすべて提示して「読者へ挑戦」する新本格ミステリの白眉。

叶の奥さん、深雪さんと響が事件に巻き込まれる話。
前もほとんどそうだったけど、刑事の叶よりもまだ学生らしい響が
事件を解決します。

双子は好きだけどどっちかというと叶ファンな私ޥ
叶の出番が少なかったのは残念だけど、面白かったわ~
直感でこの人犯人臭いって思ってたけど、全然違ったーå
ま、そんなもんさっ
思い切った犯人だと思いました

あと、髪の毛のトリック?
女の人ならわかるかも知れないけど、腰より下まで伸びた髪の毛でも
編んだらかなり短くなりますし、結った部分って滑って
固定できないのでは?痛んだ髪の毛ならもしかしたら大丈夫かもしれないけど
切られちゃった人は美しい髪の毛だったと思うので・・・
面白かったけど髪の毛の件だけは納得できなかったかなーå

あとがきに土曜ワイドになったと書いてあったので
『オッ』と思ったら、なんとなんと・・・
私が原作者だったらキレるな~
ちょっと見てみたいと思ったけど、双子の設定もなくなってるようなので
もう何でもいいもんじゃんって思った。。。
で、一瞬ので熱が冷めたܤ

このシリーズは他に出てないのかな~?
叶と響が二人で謎解きするストーリーが読みたい!!




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。