スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清家未森 『六蓮国物語 翠竜と赤の天女』上・下

清家末森
『六蓮国物語 翠竜と赤の天女』上・下

 

「BOOK」データベースより
「好きな女のために馬鹿になって何が悪い?」崇怜が皇位纂奪、さらには結蓮が次代の六蓮天女に選ばれ、大混乱に陥る煌国!〓(そう)成が人質に取られ、崇怜との結婚を了承した結蓮。そのうえ季隆が自分を助けに向かい、投獄されてしまう!季隆の身を案じる結蓮は、危険を顧みず牢へ忍び込み、二人は束の間の逢瀬を果たす。そこで告げられた季隆の真摯な言葉に、堅物の結蓮もようやく恋心を自覚しー!?国を揺るがす完結直前巻。

「BOOK」データベースより
皇位簒奪を企てた崇怜が暴走する煌国。凶悪な龍神の力を発揮させた崇怜を、息の合った戦いで追い詰める結蓮と季隆。しかし瀕死の崇怜に結蓮は術をかけられ、人の立ち入る事が許されぬ龍宮へ強制的に帰されてしまう。季隆は結蓮を追いかけ、龍宮にむかうのだがー!?結蓮の下した恋と使命の決断は!?清家未森が渾身の力で贈る、中華ファンタジー感動の最終巻。


崇伶が気持ち悪いとは思っていましたが・・・
たとえ黒竜に取り付かれていたとしても
唯蓮に対する行動は素みたいなので、
やっぱり気持ち悪い(≧д≦)

唯蓮、よくがんばった!!

いよいよクライマックスって面白くなってきたのになんですか?
番外編(^^;)
面白いので内容的には問題ないですが、
なんで?なんで上巻と下巻の間に挟んだかな~( ̄Д ̄;)

どうせなら最初に持ってきてくれよ~。。。

そして下巻へ。。。
終わってしまったーーー。
すごく面白かったというわけではないのですが、
彩○国~やら十○国~やらなみに期待をしていたので、
あっという間に終わった感が(^^;)

唯蓮の父親がけっこうイケメンでした^^

季隆とず~~~っと一緒にいられるのでしょうが、
どうなんだろ?

龍宮の件が一番印象に残ったかな~。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

清家未森 『六蓮国物語 -地下宮の太子-』

清家末森
『六蓮国物語 -地下宮の太子-』



「BOOK」データベースより
絶世の美女なのに残念なほど仕事バカの結蓮は、憧れの恩人が偽装婚約を交わしている上官・季隆だと、気づいてしまう。今までの愚行の数々を思い返し挙動不審になる結蓮と、自分の正体に幻滅されてしまったのだと思い込む季隆。二人の関係は噛み合わずギクシャクする。そんな中、結蓮は太子舎人の職を解かれて落ち込むが、季隆は太子本人に結蓮を連れて秘かに国を出るよう告げられて!?中華ファンタジー急展開の第4弾。

次(上・下巻)でラストということで、、、
と思うとあっという間だな~(^^;)

「六」ってくらいだから六国の話なのかと思ったらそうでもなくて、
なんだかんだ言って唯蓮が背負う宿命の話。

季隆と早く仲良くして欲しいのですが・・・。
季隆、だんだん格好良くなりますねー、
次の山でもどう活躍するのか楽しみです!




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




清家末森 『六蓮国物語~宮廷のニセ御使い~』

清家末森
『六蓮国物語~宮廷のニセ御使い~』



「BOOK」データベースより
敬愛する太子をお守りするため、上官の季隆と偽装婚約の契約を交わしている太子近衛武官・結蓮は、憧れの恩人・翠玉の御使い様と文通を行う日々。ところが、結蓮に婚約を迫っていた太子の兄将軍・崇怜が、翠玉の御使いは自分だと言い出した!?一方、花街では、妓女が妖怪に襲われるという事件が相次いでいた。結蓮は、事件解決のため妓女に扮することになるけれど!?大人気の中華皇宮ファンタジー、第3弾。

第3弾にしてストーリーの要、翠玉の御使い様の
正体がバレてしまいます。というか自白しちゃいますӤä
思ったよりも早めに正体明かしちゃったけど
今後がどうもきな臭い

第2弾の終わりで、結蓮が書いた翠玉の御使い様宛の手紙を
ストーカーの臨崇怜に掻っ攫われまてしまい
その手紙をチラつかせて結蓮に付きまといます
正直、王族といえど、崇怜の行動は気持ち悪いですۤ
彼もまだまだ今後のストーリーに関わってくるのでしょうか。。。

相変わらず結蓮がカタ過ぎてヒロインとしては華がないように感じますが
きっとどんどん可愛げが出てくるんだろうなって期待はしてます
今回で憧れの翠玉の御使い様の正体に気付いたので
これからこの二人の絡みがどうなるのか楽しみですޥ





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



清家末森 『六蓮国物語 皇宮の嘘つき公主』

清家末森
『六蓮国物語 皇宮の嘘つき公主』



「BOOK」データベースより
敬愛する太子のそばにいるために、上官の季隆と偽装婚約の契約をかわした
太子近衛武官・結蓮。今日も太子に仇なす妖怪退治に暴走中。ひょんなことから、
公主華瑛の護衛につくけれど、彼女はわがままばかり。さらに、太子の兄将軍・崇
怜が結蓮の婚約者だと名乗りでてきて、偽装婚約に早くも暗雲のきざし!?こまっ
た結蓮のお悩み相談相手は、恩人・翠玉の御使い様(正体は季隆なのに)で。絶好
調中華皇宮ファンタジー第2弾。

シリーズ第2弾ですޥޥޥ
相変わらずタイトルだけを見るとあれやこれや思いだす作品・・・
前作読んだ時はなんて暗い主人公なんだ!と思いましたが
今回も地味~に暗い。というか少しは明るくなって
婚約者に対しては丸くなった感じはあるのですが、
今後はどうなるのでしょうか???

皇太子の想いと皇太子の実の兄からの超猛アタック。
現婚約者の季隆氏が実は結連が長年想いを寄せている張本人だと知っちゃったら!!
これから先が気になるのですが…

くらべちゃいかンとは思うものの
十○国記や彩○国物語と比べたら薄っぺらだな
これから奥が深くなるのかな?
いずれにしろ期待はしたい作品のひとつですޥޥ











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




清家末森 『六蓮国物語~王宮の花嫁武官』

清家末森
『六蓮国物語~王宮の花嫁武官』



「BOOK」データベースより
「畏れ多くも殿下を敬愛したてまつりすぎていて」舞台は煌国。婚礼に臨む太子近衛
武官・結蓮のもとに、太子〓(そう)成を襲う妖怪が現れたと報せが入る。尊敬する
太子の一大事に、花嫁衣装を脱ぎ捨て、太刀を手に駆けつける始末。自ら三度目の結
婚をぶち壊してしまうほど太子に心酔する結蓮だけど、突然異動の命令が!待ち受け
ていたのは、新たな婚約者でー!?清家未森が贈る、チャイニーズ・ファンタジー、
ここに開幕。

この作家さんは初めてですが『身代わり伯爵』シリーズの作者さんだそうで…
と言っても『身代わり伯爵』シリーズも読んだことはないのですがね
人気がある作者さんらしく・・・
なので新シリーズということでコッチの方を読んで見ようかとޥޥ

まータイトルからして何かを彷彿とさせるのですが
読んで見てなるほどー、中華的な舞台となるとどうしても
他の似たり寄ったりな作品がポンと頭の中に出てくる・・・
十二の国の話とか、ダメダメな王様の話とかね。

コチラの『六蓮国~』も舞台や雰囲気はそんな感じですޥޥ
嫌いじゃない世界感なのでいいのですが、
主人公結蓮のアレはいいのでしょうか?可愛げがないというか
命の恩人のが季隆の方がテンション高すぎなので、これで丁度いいのかな~
いずれにしろ、明るさが足りない内容だったなー
でも愛すべき主人公なので今後のシリーズに期待です֥ϡ֥ϡ֥ϡ







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。