スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本多孝好 『真夜中の五分前 Side A・Side B』

本多孝好
『真夜中の五分前 Side A』
『真夜中の五分前 Side B』

 

「BOOK」データベースより
小さな広告代理店に勤める僕は、学生時代に事故で失った恋人の習慣だった「五分遅れの目覚まし時計」を今も使っている。その五分ぶん、僕は社会や他人とズレて生きているようだ。そんな折り、一卵性双生児の片割れ「かすみ」と出会う。かすみは、双子であるが故の悩みと、失恋の痛手を抱えていた。かすみの相談に乗り、彼女を支えているうち、お互いの欠落した穴を埋め合うように、僕とかすみは次第に親密になっていくー。

「BOOK」データベースより
「砂漠で毛布を売らないか」IT企業の社長・野毛さんに誘われるまま会社を移った僕は、バイトと二人きりの職場で新しく働き始める。仕事は、客入りの悪い飲食店を生まれ変わらせること。単なる偶然か実力か、僕の仕事はすぐに軌道に乗り、業界では隠れた有名人となる。ある日、本当に久しぶりに尾崎さんから電話が入った。もう二度と会うまいと決めていたのにー。再会した尾崎さんは、「頼みがあるんだ」と、信じられない話を切りだした。




ラブストーリーなんだろうか?
と読み進めてましたが主人公の行動がスッキリしない…(^^;)


上司や元カノの怪しい存在感がチラホラ
カスミさんとはどうなるのかヤキモキ


ハッピーエンドなのかな?なSide A
で、驚愕したside B
え?え?

と。


ここから上司、元カノ出てきて
忘れられない亡くなった彼女の存在が・・・
と来る流れかな
と先読みしたけどことごとく外れた(-ω-;)


カスミさんの死に関して「謎」が
ミステリー化?ホラー?


読んでて思ったけど、やはり生き残ったのは
ユカリさんではなくカスミさんの方だったのでは
と。

ユカリさんが自分はカスミかも
と考える理由がないんじゃないかな?って


本多さん独特の雰囲気たっぷりでした^^



スポンサーサイト

本多孝好 『MEMORY』

本多孝好
『MEMORY』




「BOOK」データベースより
葬儀店のひとり娘に産まれた森野、そして文房具店の息子である神田。同じ商店街で幼馴染みとしてふたりは育った。中学三年のとき、森野が教師に怪我を負わせて学校に来なくなった。事件の真相はどうだったのか。ふたりと関わった人たちの眼差しを通じて、次第に明らかになる。ふたりの間に流れた時間、共有した想い出、すれ違った思い…。大切な記憶と素敵な未来を優しく包みこんだ珠玉の連作集。



このシリーズ「MOMENT」「WILL」
そして「MEMORY」
コレが一番面白く読めた感じがします。


森野さんと神田くんの
不思議な関係を違った方向から見た話。


なんというか、ふんわりしてるのかやきもきさせられてるのか…
すっきりしなかったんだけど。
この本読んだら落ち着いたって感じです^^


何はともあれ、二人幸せそうなのでよかったです

東山彰良 『NARUTO カカシ秘伝』

東山彰良
『NARUTO カカシ秘伝』



「BOOK」データベースより
第四次忍界大戦から、一年後の物語。六代目火影就任の日が近づくカカシ。波の国の極秘飛行船飛鯱丸に搭乗し、人質救出任務にあたる彼は、そこで凍てついた心の悲しき忍と対峙する。友の眼と共に雷を切り裂いた技をも失った己に果たして人を守れるのか。遥か天空で掴み得た「火の意志」とは。カカシが新たな忍の時代を切り開く。NARUTO秘伝第一弾。



NARUTO秘伝第1弾
なんか思ったのと違ったけど、面白かったです。


ただ、NARUTO歴の浅い私には
キャラの雰囲気が未だになれないので
こんなだったかな~?なんて
ちょっと頭に「?」を浮かべながら読んでましたww


オリジナルのキャラ(ここではヒロインかな)も登場するのですが
カカシ先生とロマンスでも?!
そんなわけありませんが…


それでもこの事件で火影になると
腹をくくったようなので大事な1冊だったと思います。

東川篤哉 『純喫茶「一服堂」の四季』

東川篤哉
『純喫茶「一服堂」の四季』




「BOOK」データベースより
古都・鎌倉でひっそりと営業する古民家風喫茶「一服堂」。エプロンドレス姿の美人店主は、恥ずかしがり屋で人見知り。しかし、事件となるとガラリと人が変わってしまう。動機には一切興味がない安楽椅子型の名探偵が「春」「夏」「秋」「冬」の4つの事件を鮮やかに解く、連作シリーズ!


最近、この手の「カフェ」と「ミステリ」が流行っているようで
正直「またか?!」とは思いましたが、
読み始めてみたら・・・


猟奇的な事件が春・夏・秋・冬とリレー形式で
短編が4作続きます。
作者さん、楽しんで書いただろうな
って感じの1冊でした^^


最後の仕掛けが意表を突かれましたが
最後まで楽しんで読めました。




誉田哲也 『黒い羽』

誉田哲也
『黒い羽』



「BOOK」データベースより
右肩にある瑕に、君島典子は幼い頃から苦しんできた。激しい痒みと痛み。どんな治療もほとんど効果がなかった。病院を転々とした末に辿り着いた遺伝子治療という選択。典子は主治医らとともに、人里離れた山奥にある研究施設へと向かう。ところが、そこには何体もの惨殺死体が転がっていた!ここには凄まじく危険なナニカがいる…。衝撃のサスペンス・ホラー。


さすが、誉田さんというべきか…(^^;)
あっという間に読み終わった。

主人公の典子の背中にある瑕が想像付かなかったけど
ストーリー後半にあることが判明し、
「ザ・フライか?」
と突っ込んでしまいそうになったけれど…

あれが人型に進化したテラフォーマーと戦う人達の
アニメを見ていたので、病状が悪化したナガタは
テラフォーマーとして読んでましたww

野本先生がちょっと哀れだった。
なんとか生かしてやれないものだったのか?
面白くて一気に読め、結果オーライな終わりではあったけど
やっぱりアレは気持ち悪っ( ̄Д ̄;)






プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。