スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森 博嗣 『迷宮百年の睡魔』

森 博嗣
『迷宮百年の睡魔』




「BOOK」データベースより
周囲の森が一夜にして海と化したという伝説を持つ島イル・サン・ジャック。
22世紀の旅人ミチルとロイディがこの島で出会った「女王」は、かつて別の
地に君臨した美しき人に生き写しだったー。王宮モン・ロゼで発見された首の
ない僧侶の死体、犯人と疑われたミチル、再び消えた海と出現した砂漠。謎に
満ちた島を舞台に、宿命の絆で結ばれた「女王」とミチルの物語の第2章がは
じまる。

シリーズ2作目、1作目は『女王の百年密室』で
現在3作目を執筆中とか?!
1作目の時もそうだったけど、世界観がなんとなく「恩田さん」
なので読んでると恩田作品を読んでる感じ・・・
なんて言ったら森さんに失礼なのだけど狼狼狼

今回は前回ほどミチルに腹は立ちませんでしたが
そうだったのだ、ミチルはジャーナリストなので
ちょっとした事件に首を突っ込みたがるのだåå
でも今回は無関係とはいかない、何せミチルが容疑者に
なってしまうのだからね、、、すぐに容疑は晴れるのだけど
文章的にはすぐ、でも実際は1年くらい時間は経ってますӤäӤäӤä

前回はミチルとアキラの関係が、今回はミチル自身の秘密が明らかに!!
3作目が楽しみです餭餭餭
ミチルはどうなるのか?女王たちはどうなるのか?
期待は大きいですޥޥ









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

森 博嗣 『女王の百年密室』

森 博嗣
『女王の百年密室』



「BOOK」データベースより
2113年の世界。小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルと、同行していた
ロイディは、森の中で孤絶した城砦都市に辿り着く。それは女王デボウ・スホに統治
された、楽園のような小世界だった。しかし、祝祭の夜に起きた殺人事件をきっかけ
に、完璧なはずの都市に隠された秘密とミチルの過去は呼応しあい、やがてー。神の
意志と人間の尊厳の相克を描く、森ミステリィの新境地。


久しぶりの森博嗣です
集中すると恩田作品を読んでいるのかと錯覚します
自分が恩田作品にどっぷりつかってしまったからかもしれないが
世界感とかファンタスティック感とか・・・
それでも恩田作品みたく最後に近づくたびに「オイオイ・・・」
と思うこともそんなになく。。。少しはあったけど狼狼狼

ミチルはひょんなことから不思議な国に迷いこみます
神のおつげ~とかなんとかでミチルは女王に招待され
しばしその国にとどまるのですが、そこでいきなり殺人事件がおきます
昨日・今日会ったばかりの少年の死に対してミチルはこだわり過ぎ

明らかに殺人事件なのに、病死なのが納得いかないみたいで
蒸し返そうとするのがちょっとイラっときた
まァそれがなければストーリーが進まないのだがۤ

不思議な世界感とかけっこう好きなので読んでて面白かったけど
最後はなんだかあんまりすっきりしなかったかなー
続編もあるというのでさっそくゲットしましたåå
しかしいつ読めるのやら・・・





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ





プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。