スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸田玲子 『美女いくさ』

諸田玲子
『美女いくさ』



「BOOK」データベースより
伯父・織田信長の気性をうけつぎ「女弾正忠」と呼ばれた小督は、天下人・豊
臣秀吉の養女となり、命じられるままに三度の結婚をする。「女子は嫁して子
を生し、家を守るのがつとめ」母お市の言葉を胸に、女の戦にのぞんだ彼女は、
将軍家御台所の江として、戦国の世を逞しく生き抜く。

NHKの大河ドラマ『江』の波に乗って読んで見ましたޥޥ
ドラマの原作ではないのですが、書き手が女性なので読みやすいです餭餭

『美女いくさ』ってくらいだから女の争いを期待していたのですが
全然・・・というか、全然それっぽくない???
主人公は江なのだけど、江と対立する人と言ったら
春日局。。。彼女が出てくるのはこの本の後半、
一方的に春日局に嫌がらせを受けるだけで争いごとはほとんどなし。
(江も時にはキレて秀忠に訴えるけど…)

浅井三姉妹の長女茶々も秀吉の正室や他の側室たちと
醜い争いするのかと思いきや…
秀吉の女たちはみーんな仲良しååå
仲が良いのはいいことなんですけどねー
醍醐の花見の一件も茶々と竜子のイタヅラで済ませているし

江の一生を書いてはいるものの、なんだか秀吉が大っ嫌いになる小説でした狼狼
いま、大河ドラマも見ているのだけど
原作の小説も読んで見たいなーって思ってます

読まなきゃいけない本がたくさんあるのに
読みたい本ばかり増えてなかなか読み終わらない…
困ったもんですѥѥѥ







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

諸田玲子 『月を吐く』

諸田玲子
『月を吐く』



「BOOK」データベースより
今川義元の姪・瀬名姫は、恋しい幼なじみを諦め、今川家人質の松平元信と
政略結婚をした。たぐいまれな美貌と知性を備えた瀬名は、正妻・築山殿として、
家康の愛情を一身に受け、長男・信康を産む。だが、家康をめぐって姑・於大と
の壮絶な戦いが始まり…。戦乱の世に翻弄され、姑の策略によって悪妻の烙印を
押された女の生涯を、新資料を基に大胆に描いた長篇時代小説。

歴史ものだけにちょっと堅い恋愛小説…かな。
主人公の瀬名姫、幼馴染を諦めて家康んとこへ嫁いだんだけど
けっこう家康には愛されてます

でも家康のかあちゃんには煙たがられてしまって
マザコンの家康はおおっぴらには「瀬名ちゃんラブ~」と行けない…
今風に言うと家康は仕事に逃げちゃった口。

いつの時代も嫁姑問題は大変です
この小説はこれが面白いから良いのですが


史実では信長の命によって瀬名ちゃんは殺されてしまうのですが、
この小説では、家康に助けられ落ち延びます

悪女としてよく知られる築山殿(瀬名ちゃん)ですが、
瀬名姫として、一人の女性としてこの小説では描かれています
どちらにせよあまり幸せだったようには思えませんが
この小説のような瀬名姫であったほうがいいなって私は思いました






プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。