スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池井戸潤 『不祥事』

池井戸潤
『不祥事』



「BOOK」データベースより
ベテラン女子行員はコストだよーそう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。トラブルを抱えた支店を回って業務改善を指導する花咲は、事務と人間観察の名手。歯に衣着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!新ヒロインの活躍が痛快なオフィス名編集。


読み始めてから
「あれ?」
と思った。

これ、もしかしたら杏ちゃんのドラマか?
って別にドラマを見ているわけじゃないんだけど
CMとかチラ見でそんな感じがしました。

で、調べてみるとホントにそうだった^^
ってことは狂い咲きさんのイメージは杏ちゃんで
間違いないのか?と(´▽`*)

読んでて楽しいストーリーでしたが
その後が気になってしまう(^^;)
ドラマも見てれば良かったかなー

でもコレ読んで銀行員の大変さ知ったよ
仕事で絡むことあるけど
これからは多少優しく接しよう(。-∀-)

でも、何年もいるのに
なかなか仕事できない人いるよね(-ω-;)
私がいつも利用する銀行に
自分が悪いのに、いかにも客が悪いような話し方する
行員がいます。

ま、それはさておき
最後の「不祥事」はスカっとしました^^
コレを機会に真藤常務が心を入れ替えてくれたらよいのですが…。


スポンサーサイト

池井戸 潤 『空飛ぶタイヤ』 上・下

池井戸 潤
『空飛ぶタイヤ』上・下

 

「BOOK」データベースより
走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。

「BOOK」データベースより
事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はないー。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説。

これは面白い!
igaigaさんが、是非にと言って貸してくれた本。

被害者にしてみたらどちらが悪いとか
そんなの関係ないのかな?って。
でも読んでるサイドにしてみたら
明らかに胡散臭いのはメーカーの方で
悪役を押し付けられてる赤松社長を応援?してしまう。

この先どうなってしまうのか?
いろいろな方面で苦しい立場に立たされてしまう赤松社長ですが、
全国民がよくがんばったと言ってくれるような最後を期待したいです。

下巻読了あ~スッキリした~( ´Д`)

メーカーや学校のこと、銀行のこと、次から次へと問題が勃発し、
しかもいい具合に各箇所にとんでもない悪役が存在して
いつまでたっても窮地に立たされっぱなしの赤松社長。
小さいながらも味方が存在し、社長の努力や人徳によって
社長に対する対応が良くなり、ホっとする場面も出てきます。

この900ページ(上・下巻)に社会の縮図が見られた気がしました。
悪が逮捕され、いじわるな銀行員も処罰され、
片山にもなんらかの制裁を与えて欲しかったけど…。
彼女の家庭の今後がとりあえず不安になりました(^^;)






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。