スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三津田信三 『禍家』

三津田信三
『禍家』



「BOOK」データベースより
12歳の少年・棟像貢太郎は、両親を事故で失い、東京郊外の家に越してきた。しかし、初めて見るはずの町並みと家になぜか既視感を覚えると、怪異が次々と貢太郎を襲い始める。ひたひたと憑いて来る足音、人喰いが蠢く森、這い寄る首無しの化物。得体の知れない恐怖に苛まれながらも、貢太郎は友達の生川礼奈とともに、怪異の根源を探り始める。やがて貢太郎が見舞われる、忌まわしい惨劇とは!?背筋が凍る、戦慄の怪異譚!!

毎日、暑いですね(≧д≦)
暑さにバテバテで、PC前でじっとしていられないかりんトウです。
お久しぶりです・・・ww



『死相学探偵4』がけっこう面白かったので
こっちも買って見ました^^


主人公にイライラさせらて…
この子、バカなの?
って思わずにいられなかった(-ω-;)


怖いのに、何かあるのがわかっているのに
向かっていく。
何も出来ないし、結局は逃げるだけなのに・・・

物語だから仕方がないのだが。
なぜそれは回避できない。
そうならないように考えようよ、
一応中学生なんだろ?

ってずーーっとスッキリしなかった。


最後のネタバレになるけど
怪しいなって思ってた近所のお姉さん。
やっぱりなって思ってたけど


無意味に出てきてた子供も伏線だったとは!


最後の最後でようやく戦慄を覚え恐怖しました。
スポンサーサイト

三津田信三 『死相学探偵4 五骨の刃』

三津田信三
『死相学探偵4 五骨の刃』



「BOOK」データベースより
怖いもの好きの管徳代と峰岸柚璃亜は、惨劇の現場“無辺館”に忍び込む。そこは約半年前に、5種類の凶器による残忍な無差別連続殺人事件が起こった場所だった。館で2人を襲う、暗闇からの視線、意味不明の囁き、跟いてくる気配。死相が視える探偵・弦矢俊一郎に身も凍る体験を語る彼女には、禍々しい死相が浮かんでいた。俊一郎は真相解明に乗り出すが、無辺館事件の関係者から新たな死者が出て!?大人気シリーズ第4弾!!



久しぶりの「死相学探偵」です。


今までのシリーズの中では一番面白かったと思う。
俊一郎が成長したってことかな~(〃∇〃)


「死相学」で行う探偵業に未だ納得はしてませんが…
今回はあまりツッコミどころなかったんで。


ただ「僕」の存在がかなり怪しいです。
突然出てくると俊一郎のことか?と勘違いしそうになるけど
「僕にゃん」と呼ぶのは可愛いけど(〃∇〃)


そんでもって今回は曲矢刑事の妹さんの登場で
いよいよ俊一郎にも春が?!


で、次は黒術師との直接対決も?期待です!


三津田信三 『六蠱の躯』

三津田信三
『六蠱の躯』



「BOOK」データベースより
志津香はマスコミに勤めるOL。顔立ちは普通だが「美乳」の持ち主だ。
最近会社からの帰宅途中に、薄気味悪い視線を感じるようになった。振り
向いても、怪しい人は誰もいない。折しも東京で猟奇殺人事件が立て続け
におきる。被害者はどちらも女性だった。帰り道で不安に駆られる志津香
が見たものとは…?死相学探偵弦矢俊一郎は、曲矢刑事からの依頼を受け、
事件の裏にひそむ謎に迫る。注目の人気シリーズ第3弾。


「死相学探偵」…批判しつつも第3弾を読んじゃいましたǭǭǭ
ストーリー的には嫌いじゃないんだけど、
なぜに死相学なのか???イマイチ理解できんۤۤ
ま、当の本人もどうやって探偵すればいいのか
3弾だっつーのにばあちゃん頼みです
ばあちゃんしっかりしているので、ばあちゃんサイドの話も
読みたいޥޥޥ
あるのかな?

死相学って???とか思いながら読みましたが
これはけっこう面白かったですޥޥޥ
出てくるメンバーのどの人もだんだん怪しくなって行き、
「コイツが怪しい」と思っていると
「やっぱりコッチが怪しい」・・・「いや、この人の方が」
最後に主人公の弦矢俊一郎が謎解きをするのですが、忙しい
犯人が誰であるのか誘導するのですが
「やっぱりお前かぁååå
と思わせておいて実はコイツ。。。
でもなくてこの方。。。
「何!?」
と思ったら実は・・・

てな具合でなかなか楽しませてもらいました
なんだか第4弾が楽しみになってしまいましたޥޥ




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。