スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山 透 『0能者ミナト <8>』

葉山 透
『0能者ミナト <8>』



「BOOK」データベースより
怪異が蠢く禁断の館。その最奥にいたものとはー元気に泣く人間の赤子だった。赤子は立派な少年と少女に成長する。だが、そのささやかな平穏は破られる。赤子が怪異の子だという資料の流出。二人は追い詰められていく。かくして退屈な依頼に殺されそうだった湊の登場である。なぜ怪異の館に赤子はいたのか。二人は本当に人間なのか。不可思議な事象に湊の知性は驚くべき論理的解決を見出していく。だが見過ごした一つの可能性。それが恐るべき事態を引き起こすのだった!


・劣
・交
・裏
・減
4話からなる長編です。「減」はエピローグ。

沙耶の友達白銀スズとその幼馴染一一(にのまえかず)の話。
二人はの出自は訳ありで御蔭神道と総本山の秘密でもあったのですが
誰かの策略により、怪異「有耶無耶」を生み出しちゃう

スズと一の出自を知るお偉いさんが二人の子供、
ハイブリッドを期待して起こした事件をミナトたちが
解決するため奔走します^^

これから現れるデッカイ怪異と対峙させるための
二人だったようです。(-ω-;)
ということで、次は前代未聞の怪異退治になるのでは・・・?

すごい長編になりそうな感じがしますが
その前にちょっとした短編を期待します(´▽`*)











スポンサーサイト

葉山 透 『0能者ミナト <7>』

葉山 透
『0能者ミナト <7>』



「BOOK」データベースより
七人ミサキー入れ替わる魂を求め永遠に彷徨う、悪夢のような怪異。三年前、孝元が助力を求めたのは、今と変わらず横柄で奔放な湊だった。依頼人を守るために汲々とする総本山の手練れをよそに、まったくやる気を見せない湊。すでに悪命高い“零能者”に、僧達は忌々しげな態度を隠さない。だが、湊の自由な発想とアプローチは次第に皆の心を捉えていくのだった。連鎖する呪い、そしてその数の多さ。永遠に途絶えることがないという怪異に、湊は思いもよらない方法で迫る。


今回は「七人ミサキ」の話。
七体の霊が列をなし、人を殺すと殺された人間が最後尾に加わり、
一番前の霊が成仏できるというものらしい。

ミナトに助けを求めてきた小織さん。
なんだか嫌な子だなーって思って読んでたら
ホントに嫌な子だった(。-∀-)

7人ミサキの解決法も
そんなでいいの?
みたいな方法だったし、今回のお話は微妙だったかな(^^;)

後半の「化」は私的には良かったと思う。
狸の思いが起こした不思議な話でした。
狸が可愛かったし、誰も不幸になってないので良かったかな。

いよいよ次で新巻に追いついてしまうけど
最終巻ではないといいな(*´艸`*)

真堂 樹 『双牙 ~亡国の軍師と相克の武将~』

真堂 樹
『双牙 ~亡国の軍師と相克の武将~』



「BOOK」データベースより
小国なれど豊かな経済力を持ち、他国の侵略を許さぬ椎名家には「最強の矛と盾」と称される武将オウカと軍師ツムギがいた。しかし天下統一を狙うゲンシュウ軍に迫られ、協議の結果、降伏を選択する。だが城明け渡しの日、ゲンシュウ軍は突如大軍勢で攻め込んでくる。大混乱の城内でバラバラになるオウカとツムギ。それから一カ月後、二人は敵として再会する。互いの思う正義を胸に抱えて…!トライフルエンターテインメントプロデュース超人気舞台時代劇の小説版!いきなり文庫



がっつり、ジャケ買いなんだけど
どっかで舞台のチラシを見たことあるんですよね、
なのでどういうストーリーなのか楽しみにしてました^^

2回泣きました。

最強の矛

最強の盾

離れ離れになっても祖国を思う気持ちは同じ
国のためを思ってお互い戦うのですが、
結局は道は違えど思いは同じ方向へ

最後は一緒になってめでたしめでたし
なのかと思いきや、
さすがは最強の盾と言われたツムギ。
国より友を生かす道を選びました。

舞台も見たくなりました。

赤川次郎 『肌色のポートレート 杉原爽香41歳の秋』

赤川次郎
『肌色のポートレート 杉原爽香41歳の秋』



「BOOK」データベースより
大規模な都市開発プロジェクトに携わる爽香は、慣れない交渉に苦戦気味。そんな折、関連企業の社員・小林京子が二人組の男に誘拐される場面に遭遇し、間一髪救出する。そして彼女の口から語られた厄介な社内問題。親族の死などの私生活に追われながらも、思いとは裏腹に爽香は危険な騒動に巻き込まれていく…。登場人物たちが年齢を重ねる大好評シリーズ第27弾!


はいっ!来た~
爽香ももういい歳ですよー

爽香のいる所に事件あり。
名探偵コ○ンみたいです・・・

やっかいな事件、というか家庭の事情に
巻き込まれ、振り回されて大変な爽香ですが、
一番大事なものを失わないようにがんばってもらいたい。

というか毎回毎回、昭夫にはヘドが出ます。
ようやく
から解放されたかと思いきや今度は違う女が

もう20年くらい爽香に平穏を!
と願い続けてます(笑)



初野 晴 『トワイライト ミュージアム』

初野 晴
『トワイライト ミュージアム』



「BOOK」データベースより
大伯父が遺した博物館は、時間旅行の秘密の実験場だった。天涯孤独になった勇介は、過去を彷徨う大切な人の魂を救うため、危険な旅路に出る。パートナーは青い瞳の不思議な学芸員枇杷。「命綱」は固くつないだ手。この手が離れれば二度と現代には戻れない。過酷な旅が今、始まる。新感覚ミステリー長編!


新感覚ミステリーってあったけど
なんかファンタジーっぽかったよね。

博物館から時空を飛び越えるって話
どっかで読んだ記憶があるのだけど、
これはちょっと違うのかな?
でも脳科学と時空を超えて事件解決
ってファンタジーだよね。しつこい。

脳の話は正直難しいからあまり理解してないけど
それとなんでタイムスリップ的なのにつながるのか・・・

まったくつまらない
というわけではないのですが、
どっちかというとハルチカシリーズの方が断然好きです^^




プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。