スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田忠司 『目白台サイドキック 魔女の吐息は紅い』

太田忠司
『目白台サイドキック 魔女の吐息は紅い』



「BOOK」データベースより
伝説の名探偵刑事・南塚浩平。現在、目白台のお屋敷に居候中。若手刑事の無藤は、上司命令で、彼の下僕として働くことに。南塚は気まぐれで、興味のある事件にしか動かない。しかも盟友の貴公子・北小路は、驚きの秘密の持ち主。苦労ばかりの無藤だが、南塚好みの事件が起こる。銀行頭取が殺され、磔にされて見つかったのだ。しかも「魔女の吐息紅く罪人を染める」という謎のメッセージが残され…。曲者だらけの傑作相棒ミステリ!



1作目から続けて読みました^^


やたら妹が出てくるな~
って思ったら・・・
妹がキーワード。

犯人は絶対レイだと思ってた私です(^^;)
今回は

南塚さんが女性に惚れっぽいところ
そんなイメージないのだけど、
こういう不思議な設定は嫌いじゃないです笑

スポンサーサイト

太田忠司 『目白台サイドキック 女神の手は白い』

太田忠司
『目白台サイドキック 女神の手は白い』



「BOOK」データベースより
文京区目白台ー昔ながらのお屋敷街の雰囲気を色濃く残す街。若手刑事の無藤は、ある屋敷を目指していた。伝説の男・南塚浩平の助けを借りる為に。彼は明晰な頭脳で事件を解決し、探偵として名を上げた男。特例採用で刑事となったが、今では盟友(腐れ縁)、北小路準の屋敷に居候し、警察の仕事もサボリ気味。無藤は彼を呼び戻すため、彼がかつて解決したはずの殺人事件の「再来」を伝えるが…。相棒ミステリの進化形、登場。



読みやすくてよかったです^^
サイドキックって?
って思ったけど、これはなかなかテンポが良くて
面白かった。


南塚さんと北小路さんの掛け合いが小気味よかった
なんか違和感あるな~って思ってたけど
ラストにあぁなるほどなって(^^;)


先が気になる、ドキドキなストーリーではないけど
続きが読みたくなるようなシリーズでした^^




今年2回目の定例会

今年、2回目の定例会

いつものJAンビニが使えなくなってから
職場の近くの喫茶店(?)みたいなところで
お昼に会ってます♪♪♪


今回も11時に待ち合わせるも
ランチは11時半から。
時間も2時間もらってきてるから
ゆっくりおしゃべり(´▽`*)


ホントは今回の定例会、どうしようか迷ってました(^^;)
ドタキャンになってしまうけども…
身近なところに不幸があって、気が滅入ってた
でも気分転換には良いかと思い定例会に参加←?


でも行ってよかった(〃∇〃)

楽しかったし、ランチも美味しかった(o^-')b
S__8396802.jpg


まったりゆっくり読むので
たぶん、冬越えちゃうと思うけど(^^;)
今回もたくさんお借りしました~(*´◇`*)

IMG_1256.jpg
貸そうかどうか迷ったという本もありますww
結局お借りしましたが。

富樫倫太郎『SRO』シリーズ
思い切ってこの本から読むべきか(*´艸`*)

でも楽しみな作品がいっぱい(〃∇〃)
今回もありがとうございます♪♪♪





ピエール・ルメートル 『その女アレックス』

ピエール・ルメートル
『その女アレックス』



「BOOK」データベースより
おまえが死ぬのを見たいー男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼女は、死を目前に脱出を図るが…しかし、ここまでは序章にすぎない。孤独な女アレックスの壮絶なる秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、最後に待ち受ける慟哭と驚愕へと突進するのだ。イギリス推理作家協会賞受賞作。



面白かったーーーー(´▽`*)


二転三転するストーリーに読む手が止まりませんでした(*´◇`*)

変装趣味の女性が誘拐・監禁され
ただ死ぬのを待ってるという犯人。

ようやく脱出したかと思ったら
なぜか逃亡。。。警察に助けを求めろよ!
って思ったら、なんとなんと…


連続殺人事件と逃亡と
・・・真相にたどり着くまで一気い読みました


グロテスクな表現もあるので、
苦手なため流し読みした部分もあるけど
なるほど、アレックスの復讐の話だった。


映画化もしてるようなので、
是非見てみたいと思います。






プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。