スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜庭一樹 『GOSICK』1・2・3・S

桜庭一樹
『GOSICK』シリーズ

         



『GOSICK』…「BOOK」データベースより
前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカは─!?直木賞作家が贈る、キュートでダークなミステリ・シリーズ

『GOSICK その罪は名もなき』…「BOOK」データベースより
「“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する」不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、学園を抜けだし山間の小さな村にやってきた。時が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。それは、かつて彼女の母・コルデリアが巻き込まれた事件と呼応するかのように続いてゆく。そして、最後にヴィクトリカが見抜いた真実とは…!?直木賞作家がおくるダーク・ミステリ待望の第2巻登場。

『GOSICK 青い薔薇の下で』…「BOOK」データベースより
“青い薔薇”を買ってきてちょうだい─故郷にいる姉の頼みで、首都ソヴレムに出かけてきた一弥は、巨大高級デパート“ジャンタン”で、不気味な体験をした。街に流れる“人間消失”の噂、異様な計算能力を持つストリートチルドレン─深まる一方の謎を抱え、一弥は風邪で寝込んでいるヴィクトリカに電話をする。“知恵の泉”は距離の壁を超え、難事件を解決できるのか…!?大人気ミステリシリーズ、胸騒ぐ第3巻。

『GOSICK S』…「BOOK」データベースより
その春、世界を変える出会いがあった--。ヨーロッパの小国ソヴュールに留学してきた少年、一弥は新しい環境に馴染めず、孤独な日々を過ごしていたが、ある事件が彼を不思議な少女と結びつける--名コンビ「はじまり」の物語。

この本はぶくほんさんが面白いと言っていたので読もうと思って買った本です
しばらく積読本に積まれていましたが、最近3巻&Sも出たというの
買って一気に読みました
なので3巻とSは積歴が浅いですだからどうしたっつー話ですが…

『GOSICK』シリーズは富士見ミステリー文庫から刊行され第6巻まで出ていますޥޥ
私が読んでいるのは角川文庫版の方ですが、そのうちきれいなイラストが
収録された文庫版も発売される予定ですɤɤϡɤɤϡɤɤϡ
ヴィクトリカがかわいいのでイラスト付きのが良かったかな~㤭Ф㤭Ф㤭Ф
でもこっちの表紙もなかなか素敵なデザインです֥ϡ֥ϡ֥ϡ
本屋で見かけてたらジャケ買いしてたかも

この本の作者さん、女性が主人公の本ばかり書いているそうで
この『GOSICK』シリーズは例外で少年が主人公ですƥ˥ƥ˥ƥ˥
ヨーロッパの架空の国へ留学中の少年、久城一弥くんが主人公餭餭餭

第1巻の解説で金原瑞人さんがシリーズの第5巻を絶賛してましたååå
個人的に金原さんの翻訳する小説は読みやすいの好きです餭餭餭
彼が一押ししているのなら間違いない!!と思ってますääääää
まだ角川文庫では3巻+Sまでしか出てませんが、先がとても楽しみなシリーズですܤϡܤϡܤϡ
そして何より、いろいろ未定だそうですがアニメ化するそうです
楽しみですね~ޥޥޥ




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。