スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴村 仁 『プシュケの涙』

柴村 仁
『プシュケの涙』



「BOOK」データベースより
夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。

さすがにライトノベル。あっという間に読み終わりましたޥޥ
この本は2本立てになっていて、最初の1本が飛び降り自殺のお話ですޤݤޤݤޤݤ
ちょっと切ないです
最初の1本だけならば、飛び降り自殺の真相を暴くという話で終わりなのですが、
2本目は飛び降り自殺しちゃう子が主人公のお話なんです。
読みながらこの後に起こることを思うと切なくて切なくて…ܤܤܤ

あ、だからと言って泣きはしなかったのですが…

由良くんもそうだけど、死んじゃった子もなかなか素敵なキャラクター
だったと思いますޥޥޥ
できれば死ぬことなく・・・と思わずにいられない作品でしたܤܤܤ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。