スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪乃紗衣 『彩雲国物語~紫闇の玉座』上・下

雪乃紗衣
『彩雲国物語~紫闇の玉座』上・下

 

「BOOK」データベースより
彩雲国を脅かす蝗害の回避策を求め、官吏として奔走する秀麗は、ついに異能の一族・縹
家の全面的な支援を取り付ける。一方国王・劉輝は、全権を門下省長官の旺季に委任し、
未だ沈黙を守っていた。飛蝗の大群が迫る紅州へ馬を飛ばす旺季。そして瑠花と珠翠に後
押しされ縹家を出た秀麗も、僅かに残されたおのれの命の刻限を自覚しながら、同じく紅
州へと向かうがー。シリーズ第17弾、緊迫の最終巻「紫闇の玉座」(上)、ついに登場。

「BOOK」データベースより
ー残り時間は、一日足らず。それ以上は生きられぬ。縹家の大巫女・瑠花の力を借りて蝗
害を鎮めた秀麗。しかしその決断は秀麗に残された時間を侵食し、生命を蝕んでいく。同
じ頃、勢いを増す旺季を前に、国王・劉輝は苦悩していた。強力な後ろ盾も、官の信頼を
も失った自分が、果たして玉座にふさわしい者なのか。そして、彩雲国最大の危機が訪れ
るー。シリーズ第18弾、怒涛の最終巻「紫闇の玉座」(下)、ここに完結。


ようやく・・・ようやく終わりました
私はアニメから入ったので途中まですっ飛ばして読んでましたが
なかなかに読み応えのある小説でした
これで終わってしまうのはちょっともったいないなって思うところが本音です

上・下巻一気に読みましたが、どちらも分厚いのですよ
作者が中巻は『イヤだ!』というので上・下巻に分かれたわけですが、
今までの20巻分の締めなのでそれはそれはたいへんな量に・・・
ってことで下巻にはあとがきすらありません
あとがき入れたら文庫本の値段が上がる・・・
そんな作者の読者へ気遣いです。。。

それはそうと外伝合わせて22冊。
私的にはすっきりした完結でよかったのですが、
登場人物のその後とかすっげ気になる・・・
私の好きな黎深と龍蓮はほとんど出てこないし、
黎深と百合の子供も気になるし、楸瑛の恋路もどうなることやら???
そして珀明はどこへ行ったのだ?歌梨と旦那の欧陽純の方が大活躍でしたが。。。
あまりにも登場人物が多くて、いまだに誰がどこの州の人か
???だったり。。。麒麟とか出てくる例の物語も
名前ではたいへん混乱させられましたがこっちも似たようなもん

きっとこの後2・3冊、いや5冊くらい外伝でるんじゃね?
って思ってるんだけどねー
どうだろーねー???
また、この『彩雲国物語』が作者のデビュー作っていうからまた驚きです
そうだ、NHKさん!せっかく完結したのだから
最後までアニメ化頼みますよ
完結してない見切り発車作品ゴロゴロしてるのでここはスッキリ
『彩雲国物語』をアニメでも完結させてあげてください














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。