スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田 陸 『黒と茶の幻想』 上・下

恩田 陸
『黒と茶の幻想』上・下

 

上「BOOK」データベースより
太古の森をいだく島へ―学生時代の同窓生だった男女四人は、俗世と隔絶された
目的地を目指す。過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、
梶原憂理を浮かび上がらせる。あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今
でも各人の胸に深く刻み込まれていた。「美しい謎」に満ちた切ない物語。

下「BOOK」データベースより
雨の音を聞きながら、静かな森の中を進んでいく大学時代の同窓生たち。元恋人
も含む四人の関係は、何気ない会話にも微妙な陰翳をにじませる。一人芝居を披
露したあと永遠に姿を消した憂理は既に死んでいた。全員を巻き込んだ一夜の真
相とは?太古の杉に伝説の桜の木。巨樹の森で展開する渾身の最高長編。

三月シリーズのひとつですが、憂理という人物がリンクしているだけで
これと言って重要というわけではないです。。。
『麦の海~』の憂理と『黒と茶~』の憂理が同一人物かわかりませんが。。。
タイトルがなぜ『黒と茶の幻想』なのかよくわからなかったかなぁ
何か意味があって三月シリーズなんだよなー???

恩田さんの作品は
・意味不明のまま終わる
・最後のオチが残念!
・わースッキリ♪
の3種類くらいに分類されると私は分析していますǮӵǮӵǮӵ
今回のこの『黒と茶の幻想』はどれでもなかったޥޥޥ
んーでも、どれかといわれると「最後のオチが残念」になるのかなぁ
いや、でも残念でもなかったのだよなー
スッキリした訳でもないし、意味不明だった訳でもねぇ

ま、いっかää

友人4人が4つの章で主人公を担当します。
梶原憂理をめぐる謎解きなのかと思ったら違いました
確かに、謎は解決されるのですがこの小説は人間を分析する内容です
人間分析が趣味(?)の私としては大変興味が持てる内容でした餭
三月シリーズとは関係なしにこれはこれでよかったと思いましたޥޥ




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。