スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾辻行人 『時計館の殺人』

綾辻行人
『時計館の殺人』



「BOOK」データベースより
館を埋める百八個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で
十年前一人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。
死者の想いが時計館を訪れた九人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光
景ののちに明かされるめくるめく真相とは。第45回日本推理作家協会賞受賞。

これはーーーなんとも切ない、不運です狼
時計館、時計がたくさんあるのですが、
こんなにたくさんあったら気がおかしくなりそう狼狼狼

今回は主人公である鹿谷(島田)が殺人現場外におります
そして、ある程度事件が終息してから推理。
てか登場人物のほとんど死んじゃいますåå
犯人は現時計館当主由季弥ってことで片付くんだけど
やっぱり実は違いますって鹿谷が真相を暴くんだよねーۤ
そんでもって真犯人が他にいたよということを世に流したかどうかは謎ですܤܤ

最後に時計塔は崩れてしまうんですが、
一度しか鳴らない鐘がなる。。。
壮大なる仕掛けがしてありました、さすが中村青司。

次は『黒猫館の殺人』・・・
今までは想像できる館ですが次は黒猫だらけの館だろうか???
そんな館で殺人事件なんて、なんておぞましいååå
でもちょっとどんな館か楽しみです








にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。