スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米澤穂信 『犬はどこだ』

米澤信穂
『犬はどこだ』



「BOOK」データベースより
開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。
犬だ。犬捜しをするのだ。-それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文
書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして…いっ
たいこの事件の全体像とは?犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵、最初の
事件。新世代ミステリの旗手が新境地に挑み喝采を浴びた私立探偵小説の傑作。

こちらの本もigaigaさんからお借りした本なのですが
『作者の性別ってわからないよね』
っていう話題になった時にこの作者さんの事を聞きました
かわいらしい雰囲気の作風に女子が好きそうなタイトルだったりするので
作者は女性だろうと思っていたのですが
男性でしたってショックじゃねーけど
意外だったのは本当です・・・
でも話を聞く分には「ああなるほど」と。

あとがきにも書いてましたが、米澤さん甘いものが大好きなんだとか?!
『小市民』シリーズとかね美味しそうだもんね、タイトルが
で、冬は何になるのかな~って。。。イベントごとも多いし
クリスマスケーキかバレンタインかひなあられ、おしるこもそれっぽくね?
って。。。いずれにしろ楽しみです

『古典部』シリーズや『小市民』シリーズ以外はあまり読んでないので
今回のは新鮮でした
シリーズ化してほしい
あれ?もしかしてもう続編出てるのか?

話はちょっと変わりますが『古典部』シリーズの1作目
『氷菓』がアニメ化しますね
BS11にて放送予定だそうなので楽しみです














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。