スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川拓司 『吸涙鬼』

市川拓司
『吸涙鬼』



「BOOK」データベースより
愛は死をのりこえる。悲しみの涙を流す少女、彼はその生を願い、
そっと瞳に唇を寄せる…。市川拓司、五年ぶりの長編小説。限りな
く美しい筆致の純愛ファンタジー。

市川さんの本は『いま、会いにゆきます』しか読んだことがないのだけど
この人はこういう風な本ばかり書いているのでしょうか?
どっちも泣いたけど、というか『いま、会いにゆきます』はほとんど
内容覚えてないや・・・ӤäӤäӤä

『吸涙鬼』は「あぁファンタジーだな」って感じですޥޥ
吸涙鬼…血を吸う吸血鬼の涙バージョン・・・
イマイチ理解し難いですがね

お互い出会うべくして存在していたのに
一緒にいられない二人切ないですޤݤޤݤ
ある意味ハッピーエンドなのですが、個人的にはやはり
運命を信じて美佐と冬馬は一緒になって欲しかったかなって思いますޥޥ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。