スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁木悦子 『林の中の家』

仁木悦子
『林の中の家』




「BOOK」データベースより
シャボテン・マニアの豪邸で留守を預かることになった仁木兄妹。深夜の電話で呼び
出された二人は、有名劇作家の自宅で起きた殺人事件に巻き込まれ-。緻密に張り巡ら
された伏線と鮮やかな推理、マイペースな植物学者の兄と、好奇心旺盛な妹の凸凹コ
ンビが醸しだすユーモラスな雰囲気が、絶妙にブレンドされた傑作長編ミステリ。著
者自らが本作を語った「悠久のむかしのはなし」も特別収録し、待望の復刊。

『猫は知っていた』はサクッと読めましたが、
こっちはなかなか思うように読み進めず・・・
面白くなかったわけじゃないよ!!
どっちかというと私はこっちのが面白かったと思うし

謎の電話に始まり、あれやこれやと事件が起きます
いろいろなことが起こりすぎて登場人物もいっぱい出てきて
たいへんだった・・・
でもこの登場人物の多さがまたストーリーの要でもあるみたいでしたҤ᤭Ҥ᤭

あれやこれや本当にいろんなことが起こって
どれがどうなることやら?と心配でしたが、
兄・雄太郎が解決してくださいましたOKOKOK

ダラダラ読んでしまったけどなかなか楽しませもらったので
他の作品が楽しみになりましたޥޥޥ
て、本出てるのかな?







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。