スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮木あや子 『ガラシャ』

宮木あや子
『ガラシャ』



「BOOK」データベースより
嫁いだ後にはじめての恋を知った玉子はガラシャと名を改め、異国の神に祈り続ける。
彼女に献身的な愛を捧げる侍女・糸もまた、報われぬ愛に身をこがし…戦国に散った
細川ガラシャとその父・明智光秀、夫である細川忠興、舅の幽斎ー想えば想うほどす
れ違う恋人たちを描く渾身の恋愛長編。

宮木さんの歴史小説ってどんなかなーなんて
思って読んでみました。
というのは嘘ですååå
知っての通りジャケ買いですܤϡܤϡܤϡ

女性が書き手の歴史ものはけっこう読みやすいですޥޥޥ
これは『ガラシャ』の話なのですが、ガラシャを中心に
ガラシャの父、光秀から見た話
ガラシャ自身のガラシャの話
ガラシャの舅、細川幽斎からみたガラシャの話
の三部構成になってますǭǭ

細川ガラシャといえばいろんな逸話がありますが
たとえば、食事時にガラシャ見たさに覗いた庭師の首を忠興が斬りはね
その首をガラシャの前に晒し、顔色ひとつ変えずガラシャは食事をしていたとか・・・
秀吉の前で懐剣をワザと落としてみたり、
最後は命をかけて細川家を護ったり。。。この話は海外で有名ですねޥޥ

最近のNHKの大河ドラマではこういった女性が人気あるような気がします餭
来年は『平清盛』再来年は『八重の桜』
その次あたり『細川ガラシャ』いかがだろうか?
と、思ったら2014年の大河ドラマ予想に『光秀とガラシャ』があるのですねޥޥޥ

宮木さんの歴史モノ、けっこう面白く読まさせてもらいましたޥޥޥ
次にも期待してますääää







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。