スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水義範 『信長の女』

清水義範
『信長の女』



「BOOK」データベースより
和歌や蹴鞠は古くさいと無視、少年たちに菓子を配って家来に従え、馬で駆け回った
元服前。織田信長が心惹かれたのは、各地から船で物資が集まる港町だった。商いで
世を制することができ、海の道でつながる遠い異国が攻めてくるかもしれない。新し
いものに憧れる信長が、明の衣装をまとった美しい少女と出会い、ひと目で虜に…。
戦国のカリスマの初恋と青春時代を描く、新釈・信長伝。

この作者さんの本は初めてではない。。。
が、どうだったのか覚えていないååå
でもこの本はとても読みやすかったääääää

男の人が書く歴史モノは戦~戦~で常に戦ったばかりだけど
これは信長の女っていうから信長そのもの話だったǭǭǭ

信長の女といわれる女性にはモデルがいるのかしら?
と思って読んでいたら、ここに登場する信長の女とは
明国出身の梨華。作者の創作なのですが、
小説最後の解説で信長は本能寺で明智光秀に討たれる前に
自ら中国へ行く準備をしていたらしいので、
こういう会いたいと思う女性がいてもおかしくないってことでした

偶然だとは思うけど、NHKの大河ドラマで『江』をやっているときに
江ではないけどその叔父、信長の小説を読むことが出来て
また違った雰囲気を味わえましたޥޥޥ
ドラマも面白いけどスピンオフ的な小説を並行して読むのも面白いもんですååå







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。