スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎 『終末のフール』

伊坂幸太郎
『終末のフール』



「BOOK」データベースより
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。
当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部
の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中
で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終
末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

あと3年でこの世界が終ってしまう・・・
そうなったらどうしようかと考えてみた。
きっとこの小説の人と似たような生き方をするんだろうなと思ったޥ

地球滅亡する前に人類が滅びるような気がしないでもない
絶望からのパニックで大変な世界を生き延びなければならないというのも
ちょっと辛いかもܤܤܤ
でも世の中が落ち着いた後の生活はなんだか楽しそうだったޥޥޥ

地球滅亡が目前なのになぜか未来に期待が持てる内容の本でしたޥޥ




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。