スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有栖川有栖 『闇の喇叭』

有栖川有栖
『闇の喇叭』



「BOOK」データベースより
大東亜戦争後、日本は南北に分断され、北海道は“日ノ本共和国”として独立。
日本国内では北のスパイが暗躍し、政府は警戒を強めていた。-そして平世21年。
私的探偵行為を禁止する法律が成立し、探偵狩りが行われている現代。少女・空閑
純は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う
最中に行方不明となっていた…。母の出身地である奥多岐野に父とともに移住し、
帰りを待っていた純だったが、そこで発見された身元不明の他殺死体が、父子の日
常を破壊する!存在意義を否定された探偵に謎が牙を剥くとき、新たな物語が動き
出す。

久しぶりの有栖川作品!
新しいシリーズなようで楽しみにしてましたが
む、難しいåå
この世界の世界感に慣れないと「あれ?」と思ってしまう狼狼

時は複雑な世界の日本。パラレルワールドですޥ
北海道は日本から独立しソ連の統治下で「日ノ本共和国」とかいうし
探偵業が犯罪になるんだからこりゃびっくりӤäӤä
主人公の純と高校の同級生仲良し3人組みが
一緒に探偵を目指すのかなー?なんて思ってたけど
違うみたいだし、なんだか複雑な感じ。。。


純が探偵になる話なのかと思ったら
そうではなく、探偵になるまでの・・・でもないな
探偵を志そうかな~からある事件をきっかけに
探偵を志そうと思うところまで
が、今回の話・・・

複雑な世界感に慣れないながらも面白く読ませてもらったと思います
続きもあるので次が楽しみですޥޥ












にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。