スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東川篤哉 『中途半端な密室』

東川篤哉
『中途半端な密室』



「BOOK」データベースより
テニスコートで、ナイフで刺された男の死体が発見された。コートには内側から鍵が掛かり、周囲には高さ四メートルの金網が。犯人が内側から鍵をかけ、わざわざ金網をよじのぼって逃げた!?そんなバカな!不可解な事件の真相を、名探偵・十川一人が鮮やかに解明する。(表題作)謎解きの楽しさとゆるーいユーモアがたっぷり詰め込まれた、デビュー作を含む初期傑作五編。

こちらは短編が5編
・中途半端な密室
・南の島の殺人
・竹と死体と
・十年の密室・十分の消失
・有馬記念の冒険

毎度のことですが短編だって気付かずに読んで
「中途半端な密室」がまだまだ続いているのかと思って
読んだ「南の島の殺人」・・・
けっこう面白くて、続きかと読んでたけど
「南の島の殺人」が面白くてさっくり「中途半端な密室」の方を
忘れてしまったۤۤۤ

他の4編も面白かったけど、私的には「南の島の殺人」が
一番良かったかなޥޥޥ

igaigaさんからお借りしてる本、残り2冊
いつものようにとっておいた例のシリーズܤϡܤϡ
あと2冊で、ようやく借りたものを返せる
いつも長くて申し訳ない




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。