スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田ガラ 『信長の茶会』

永田ガラ
『信長の茶会』



「BOOK」データベースより
ときは戦国時代。本能寺の変が起きる、まさにその夜。本能寺のそばで、親しげに語り合う男たちがいた。なんと彼らは、織田信長と明智光秀。実はこの二人、ある茶器を求め、地獄から蘇ってきたのだ。冥府王の命令で、名器「つくもがみ」の行方を探っていく主従二人。そして彼らの前に現れる、悩める若き絵師・狩野元秀と謎の少女なべ。抗いがたい運命を背負った彼らは、それぞれの目的を胸に抱き、激動の時代を生き抜こうとする。そんな四人が行きつく先は、果たして-。

タイトルだけ見ると、こんな話だったのか?
と思ってもみないストーリーでした

「茶会」と言っても信長が茶会を開くという話ではなくて
本能寺の変で死んだ信長とその後に死んだ光秀が
地獄の冥府王の命令で名器『つくもがみ』を壊すという使命を受けて
蘇るって話なんですが、主役は信長でも光秀でもありません。
有名な絵師・狩野州信の弟・元秀となべが主役っぽい。

苦労した部分はあまり見られなかったけど、
どうやら、光秀は大変な苦労をして『つくもがみ』を手に入れ
信長と破壊するのですが、これまたダミーで
結局は徒労に終わってしまいます。
で、どうなるかというとそのまま終わってしまいます・・・

元秀となべのその後がちょっと見られますが
結局は茶会もなにもなかったという話です。
読んでる間は面白かったけど、終わってみるとなんだこりゃ?でしたޥ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。