スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島道子 『濃姫と熈子 信長の妻と光秀の妻』

中島道子
『濃姫と熈子 信長の妻と光秀の妻』

濃姫と熈子 信長の妻と光秀の妻.jpg

「BOOK」データベースより
信長の妻から光秀のもとに走る密使-。そして光秀は本能寺を目指した。天下をめぐる男の戦いの裏面に秘められた女の愛の葛藤。


濃姫と熈子の話なのだけど、
前半が濃姫の、後半が熈子の話。
でもこれは濃姫が可哀想なストーリーだ。
濃姫好きとしてはちょっとね~
熈子の方も好きだけど。。。

光秀のことが好きだけど、政略結婚のせいで信長のところへ嫁いだ濃姫、
光秀のことを思いながら生きていきます。
本能寺の変を引き起こす手引きをしたのも濃姫ということになってます
一方、熈子の方は疱瘡で患った醜い顔でも自分を必要としてくれた
光秀に献身します。自分と結婚する前に好きだった濃姫のことを
気にしながら、時にはヤキモチを焼いて光秀を困らせたり。。。

っていうか光秀モテモテなのですが…
好きでもない男のところへ嫁いで、子供も生まなかった濃姫と
好きな男のところへと嫁いで側室もいなく、子沢山だった熈子と
やっぱり熈子が幸せだったよな~~
もしかしたら光秀は濃姫を忘れられなかったかもしれないがね。

私は実際に濃姫も幸せだったと思いたいです֥ϡ




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。