スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜庭一樹 『ブルースカイ』

桜庭一樹
『ブルースカイ』



「BOOK」データベースより
1627年、魔女狩りの嵐が吹き荒れるドイツ・レンスで10歳の少女マリーは、「アンチ・キリスト」と遭遇する。2022年、近未来のシンガポールで、青年のディッキーは、かつて絶滅したはずの「少女」という生物と出会う。そして、2007年、鹿児島。私は、青い空の下にいたー。三つの空を見た、ある少女にまつわる物語。

第1章で魔女狩り時代の少女が主人公で
すっごいハラハラしたのに、
第2章では近未来のシンガポールが舞台。
え?
マリーはどうなったの?
最後にはマリーとディッキーとソラの話が繋がるんだと思ってたら
そうではなく、どういう世界感だったのかもあいまいなまま
「さよなら、せかい」
で終わってしまいます。

主に誰のどうした話だったのか迷いました狼
個人的には第1章のストーリーが好きだったので
続きが気になったし、アンチ・キリストって結局ソラだったってこと?
17世紀のマリーも2022年のディッキーも2007年のソラも
もっとちゃんと読みたかった㤭Ф

謎がいっぱい残った本でしたޥ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。