スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清川 妙 『乙女の古典』

清川 妙
『乙女の古典』



「BOOK」データベースより
恋の深淵、人生の別れなどを繊細に美しく描く古典は、日本女性の宝物です。夫の裏切りを憎みながらも、「椿の花のようにいとしい夫よ」とうたわずにはいられなかった『古事記』の磐姫。風光る5月のようにさわやかな清少納言。夢を抱きながら、平凡な主婦の座に生きた更級の女などの物語を10篇紹介。


第1章 春ー花ざかりの季
   『古事記』の磐姫皇后ー真紅の椿のいのちの恋
   『伊勢物語』-青春への郷愁をこめた恋のメモワール
   『枕草子』の清少納言ー光る感性につながれた主従の愛
第2章 夏ー燃える夏のきらめき
   『和泉式部日記』-噂の女が抱きしめる孤独な魂
   『源氏物語』の空蝉ー拒むことによって恋を昇華させた女
第3章 秋ー白い秋風に寄せて
   『雨月物語』浅茅が宿ー亡霊となっても待ちつづけた女 
   『更級日記』-夢を封じこめた可憐な女の自分史
   『平家物語』木曾の最期の事ー死の絆に結ばれた乳きょうだい
第4章 冬ー冬空と星と雪と
   『建礼門院右京大夫集』-縹色の空の星は恋人
   『源氏物語』宇治十帖の世界ーふたつの愛の波間に漂う浮舟

実在の人物から物語の登場人物まで
多種多様な恋愛模様が書かれています。
個人的には第3章の『平家物語』木曽の~が好きでした֥ϡ

実は一番気になっていたのが最初の『古事記』の磐姫皇后のやつ。
とても嫉妬深い皇后だったいうのですが、
ナンダカンダ言っても一番愛されてたのだから~って
あちこちの女性に手を出す男に言われてもしっくりこない㤭Ф
歴史上嫉妬深くて有名なのは北条政子でしょうか
磐姫も政子も怒り狂って発散するのは同じような感じ。
だからかな、政子のストーリーが載っていないのは
何が何でも頼朝と一緒に!と想った政子も素敵な恋をしてたはず
『建礼門院右京大夫集』も大人の落ち着いたステキな話だったと思いますޥ

章ごとに色分けされたとても凝った作りのステキな本でした









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。