スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜庭一樹 『伏 贋作・里見八犬伝』

桜庭一樹
『伏 贋作・里見八犬伝』



「BOOK」データベースより
伏ー人であって人でなく、犬の血が流れる異形の者ーによる凶悪事件が頻発し、幕府はその首に懸賞金をかけた。ちっちゃな女の子の猟師・浜路は兄に誘われ、江戸へ伏狩りにやってきた。伏をめぐる、世にも不思議な因果の輪。光と影、背中あわせにあるものたちを色鮮やかに描く傑作エンターテインメント。

伏(犬の血をひく人)の話。
浜路が主人公ということなのだが、
物語の中枢は『贋作・里見八犬伝』にあるので、
伏姫の話を書きたくて書いたストーリーかな?と。

じっくり時間をかけて読んだというか
時間がかかったのだけど…暇があったらすぐ読み終えちゃうかも
私は浜路と兄・道節、浜路と冥土、浜路と信乃のやり取りよりも
『贋作・里見八犬伝』の方が面白かった
もちろん主人公らのやり取りも良かったよ!

映画化もされているみたいで気になるところ。
映画は違う視点で描かれてるという噂を聞いたので
原作とどう違っているのか確かめたいとも思う。

また、『伏』のアナザーストーリー
『伏 知られざる物語』というのもあるみたい。
伏姫、八房、玉梓、3人の語るそれぞれの物語だそうで
ワカマツカオリさまが自身のHPで語っておられました。
それと、現代の新宿を舞台とした
『伏 ~もうひとつのプロローグ』
というのもあるようです

いつか読んで見たいです。







にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。