スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村京太郎 『新装版 殺しの双曲線』

西村京太郎
『新装版 殺しの双曲線』



「BOOK」データベースより
差出人不祥の、東北の山荘への招待状が、六名の男女に届けられた。しかし、深い雪に囲まれた山荘は、彼らの到着後、交通も連絡手段も途絶した陸の孤島と化す。そして、そこで巻き起こる連続殺人。クリスティの『そして誰もいなくなった』に挑戦した、本格ミステリー。西村京太郎初期作品中、屈指の名作。


初西村作品でした。

ずっとこの双生児がこちらの事件に関わってるんだと思ってて、
双生児は操作されてるフリをして警察の目を欺こうとしてるんだろーな、
そうそう簡単にはつかまらないだろーな・・・

と思っていたのですが!あっさり捕まり、
そうなったらもうあの人が実は双生児なんだろうなと
考えをめぐらしながら読みました。

「やっぱりか」とは思ったものの
すごく面白く読ませていただきました!






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。