スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林泰三 『大きな森の小さな密室』

小林泰三
『大きな森の小さな密室』



「BOOK」データベースより
森の奥深くの別荘で幸子が巻き込まれたのは密室殺人だった。閉ざされた扉の奥で無惨に深された別荘の主人と、癖のある六人の客ー表題作の「大きな森の小さな密室」をはじめ、死亡推定時期は百五十万年前という抱腹絶倒の「更新世の殺人」ほか、安楽椅子探偵、日常の謎など、ミステリでお馴染みの七つのテーマに超個性派探偵たちが挑む精緻なミステリ連作集。

初めての作家さんですが、
他のもこういった作風なのでしょうか?

面白いような、そうでもないような…
読み始めは良かったですが読み進めると
バカミス感が高まった気がします。

自分の腕を切り落としてまで殺人をおかしたり
脳みそ普通に切り開いたりとグロテスクな面も多々ありました…

ミステリでなくホラーなのかな?
ミステリだと思って読んだからちょっと残念でした。
この本の存在自体ミステリか?




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。