スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川 浩 『空飛ぶ広報室』

有川 浩
『空飛ぶ広報室』




「BOOK」データベースより
不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空井の指導役・比嘉など、ひと癖もふた癖もある先輩たちだった……。有川浩、渾身のドラマティック長篇小説。

航空自衛隊の広報室の話です。
最初の空井さんの事故がかなり暗いイメージだったのですが、
明るい広報室の面々と自衛隊に偏見をもったリカさんの
対応でじょじょに変わっていきます。

広報活動(PR)を通じて心を開いていく人たちのドラマがすごく良く、
人間味溢れる内容でした。

自衛隊自体そんなに詳しくないのですが、
なぜか読了後は相当詳しくなったような気分になりました。

最後の震災での活動を書いたところでは何度も涙しました。
本当にありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

自衛隊に興味のないひとこそ読んでほしい作品です。








にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。