スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清家未森 『六蓮国物語 翠竜と赤の天女』上・下

清家末森
『六蓮国物語 翠竜と赤の天女』上・下

 

「BOOK」データベースより
「好きな女のために馬鹿になって何が悪い?」崇怜が皇位纂奪、さらには結蓮が次代の六蓮天女に選ばれ、大混乱に陥る煌国!〓(そう)成が人質に取られ、崇怜との結婚を了承した結蓮。そのうえ季隆が自分を助けに向かい、投獄されてしまう!季隆の身を案じる結蓮は、危険を顧みず牢へ忍び込み、二人は束の間の逢瀬を果たす。そこで告げられた季隆の真摯な言葉に、堅物の結蓮もようやく恋心を自覚しー!?国を揺るがす完結直前巻。

「BOOK」データベースより
皇位簒奪を企てた崇怜が暴走する煌国。凶悪な龍神の力を発揮させた崇怜を、息の合った戦いで追い詰める結蓮と季隆。しかし瀕死の崇怜に結蓮は術をかけられ、人の立ち入る事が許されぬ龍宮へ強制的に帰されてしまう。季隆は結蓮を追いかけ、龍宮にむかうのだがー!?結蓮の下した恋と使命の決断は!?清家未森が渾身の力で贈る、中華ファンタジー感動の最終巻。


崇伶が気持ち悪いとは思っていましたが・・・
たとえ黒竜に取り付かれていたとしても
唯蓮に対する行動は素みたいなので、
やっぱり気持ち悪い(≧д≦)

唯蓮、よくがんばった!!

いよいよクライマックスって面白くなってきたのになんですか?
番外編(^^;)
面白いので内容的には問題ないですが、
なんで?なんで上巻と下巻の間に挟んだかな~( ̄Д ̄;)

どうせなら最初に持ってきてくれよ~。。。

そして下巻へ。。。
終わってしまったーーー。
すごく面白かったというわけではないのですが、
彩○国~やら十○国~やらなみに期待をしていたので、
あっという間に終わった感が(^^;)

唯蓮の父親がけっこうイケメンでした^^

季隆とず~~~っと一緒にいられるのでしょうが、
どうなんだろ?

龍宮の件が一番印象に残ったかな~。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田 その他の街情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ
にほんブログ村

ポチポチありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。