スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田崇史 『カンナ 天草の神兵』

高田崇史
『カンナ 天草の神兵』



「BOOK」データベースより
伊賀忍者の末裔で出賀茂神社の跡取りである甲斐は、日本史の常識を覆す重要な社伝を持ち去った諒司を捜して、東大生巫女の貴湖たちと九州・天草へ向かう。だが鍵を握るシスターは、何者かに殺されてしまった。事件の真相を追うなか、命の危機に直面した甲斐は、一揆軍を率いた“神の子”天草四郎の謎解きに挑む。

単純に四男坊だと思ってた…(^-^;

現在の殺人事件にはそれほど興味はなかったけど
やはり裏の歴史というのは大変興味深い。

うむ、たしかにマリアやジャンヌに例えられていたとは
聞いていたが女子だったかもっていうのはなかなか面白い(^^)
前世が天草四郎だといってる人も納得ですな(^.^)

裏の歴史的には前作のが面白かったけど(衝撃的だった)
今後の裏歴史が大変興味深い、楽しみです。







にほんブログ村


にほんブログ村

ポチポイありがとです(*^ー^)ノ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。