スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風野真知雄 『縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』

風野真知雄
『縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』



「BOOK」データベースより
資産家の古代史研究家が自著の出版記念パーティ当日に殺害された。死体の周囲に土器の破片が散らばる現場は、密室としか思えない。同じころ、青森の縄文時代の遺跡でも刺殺死体が発見される。ふたつの事件をつなぐのは古代史の常識をくつがえす新発見ー!?歴史研究家兼ライター・月村弘平が、警視庁捜査一課新米刑事の恋人夕湖とともに殺人事件の謎に挑む。時代小説で絶大な人気を誇るベストセラー作家の新境地!過去と現代が錯綜し隠されていた愛情と憎悪が浮かび上がる、待望の書き下ろしミステリー。


1作目の『東海道五十三次~』よりは面白かったです^^

歴史関係ものを続けて読んだのでけっこう読みやすかった。
夕湖さんとの仲も気になりますが、
元アイドルの綾乃がどう絡んでくるのか気になるところ(^^;)

今回は土偶と埴輪と縄文に情熱を燃やす人々が織り成す殺人事件でしたが、
縄文の血を大事にっていうのは今一だったような。

でも面白かったので次も期待です!










にほんブログ村


にほんブログ村

ポチポイありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。