スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高津隆晴 『太子の恋』

高津隆晴
『太子の恋』



「BOOK」データベースより
葛城王の反乱、仏教闘争、そして新羅との決戦。理想郷を目指して聖徳太子が歩んだ苦難の裏には、運命の人への熱い想いが込められていた。太子はどのようにして、政敵との熾烈な戦いを乗り越え、黎明期の律令国家を確立していったのか。そしてすべての原動力になった葛城王の娘・芹摘姫との行く末は? 斑鳩の宮で育まれた知られざる恋の行方を描く!

聖徳太子の恋物語だと思って読みました。

まァ多少は恋愛もの。
でも微妙だった(^^;)

聖徳太子の話っていうか、秦造河勝の日記。
みたいな感じでした。

もう少し、ほんのちょっといいから広く書いて欲しかったです。










にほんブログ村


にほんブログ村

ポチポイありがとです(*^ー^)ノ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。