スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴田よしき 『猫は密室でジャンプする』

柴田よしき
『猫は密室でジャンプする』



「BOOK」データベースより
名前・正太郎(雄猫)、毛色・八割黒に二割白(長めの毛足)、飼い主・桜川ひとみ(ミステリー作家)、住まい・琵琶湖近郊、友犬・サスケ(チャウチャウ系の雑種)、特技・推理ー。飼い主を“同居人”と呼び、明快な推理で事件を解決してしまう正太郎。謎解きには、こだわりや、仕掛け、いたずらが満載。猫好き、ミステリー好き絶対満足。猫探偵の六つの事件簿。



猫目線というのがとても新鮮で面白かったです^^
短編集でした。

最初の1話は何度か睡魔に教われましたが、
その後はあれよあれよと読み進められて良かったです。

飼い主の桜川さんはミステリ作家なのですが、
食べ物に釣られて仕事を請けたりなんかマヌケさ加減が
意外としっかりした猫の正太郎とマッチしていて
良い関係に思えました。


猫探偵また読みたいです♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。