スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神永 学 『怪盗探偵 山猫 鼠たちの宴』

神永 学
『怪盗探偵 山猫 鼠たちの宴』



「BOOK」データベースより
鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!新時代の鼠小僧か、はたまた単なる盗人か!?正体不明の謎の窃盗犯ーその名は“山猫”。姉を想う妹、新興宗教の教祖、夢を追うバンドマン、鬼と化した刑事。“山猫”の周囲で繰り広げられる、さまざまな人間模様。怒り、疑念、夢、そして執念。四つの“想い”が、炎を燃やす。最後に光を放つのは、どの“想い”だ!?


『虚像のウロボロス』と
どちらから読み始めても良いそうですが、
これは絶対、『鼠たちの宴』より先に
『~ウロボロス』を読むべきです!!

・鼠の巣窟
・鼠の経典
・鼠のバラード
・袋の鼠
の4作品からなる短編集になってます。
『~ウロボロス』の後日譚っぽい雰囲気もあります。

そして何気に勝村くん、おモテになっています(^^;)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でしょー。
青からでしょー。
赤と青といったら普通赤が先だと思うのに・・・(笑)
なので、赤の4話目が特に「???」でした。
残念ー!
でも、その後青を読んで「そういうことか」とも
思いましたけどね(笑)

Re: No title

igaigaさん、こんばんはです(*^ー^)ノ

igaigaさんのブログ読んで、先に青い方を読もう
と思ったのですよー(^^;)
私も何も知らなかったら絶対に赤を先に読んでましたよ!
先に青い方読んでよかったです。
ありがとうigaigaさん♪(〃∇〃)
プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。