スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水生広海 『かいぶつのまち』

水生広海
『かいぶつのまち』



「BOOK」データベースより
演劇全国大会の前日、出演予定の部員たちが何故か次々と体調を崩す。さらに、上演予定の作品「かいぶつのまち」と同調するかのように、主役の女生徒に凶器のナイフが届けられ、せっかくの晴れ舞台はだいなしに!後輩たちの芝居を観に来た劇団「羅針盤」の元メンバーは、この騒動の背後に潜む「かいぶつ」の姿を探し始めるー。人間の「悪意」と「壁」を描く傑作青春推理。

前作がすごく面白かったので
期待してしまったせいか肩透かしな感じです。
全く楽しめなかったわけではないのですが…。

前作と比べたらいけないのだろうけど(^^;)

黒幕だった演劇部の2年生たちがどうしても
嫌いになれないな~って思って読んでいたら、
実際の黒幕は他にいた。

最後、演劇でコテンパンにしたところはスッキリしたけど、
本来ならばあんなのはダメですよね(^^;)
せめて校内発表の場ですべき。

いずれにしろ、彼女ら3人(彼女?)が
今後もまたいろんな事件に巻き込まれるのを
楽しみにしたいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。