スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮下恵栞 『あの日、ブルームーンに。』

宮下恵栞
『あの日、ブルームーンに。』



「BOOK」データベースより
初めての恋をして、わたしはひとつ、大人になるーまわりに合わせることが苦手で、いつもひとりでいる望月結愛。中三の春、ひょんなことからオンナたらしと噂される金髪の同級生・蒼井瞬の意外な一面に触れ、しだいに惹かれてゆくのだが…。炭酸水のように甘く苦く心をこがす切ないラブストーリー。本編のその後を描いた書き下ろし短編を加えて待望の文庫化!

中学生の頃を思い出しました。
といってもこんな甘酸っぱい思い出はないのですが。。。
こんな内容の本読んでたなーって。

嫌いじゃないので面白く読ませてもらいましたが、
真面目な主人公と少しミステリアスな少年が
ひょんなことで近づいて、少年の家庭の事情や
なんやらでお互い別々になり数年後には出会ってその後は・・・。
なありきたりなストーリー。

最後の「タチアオイ~」が良かったな^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。