スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉山 透 『0能者ミナト <2> 』

葉山 透
『0能者ミナト<2>』



「BOOK」データベースより
江戸時代ー寛延年間に村人すべてを殺戮したという怪異「鏖」。長く封じられていたはずのそれが、眠りから覚めた。総本山、御蔭神道の名だたる手練が犠牲となり、関係者を震撼させていた。へそ曲がりで有名な九条湊の仕事を選ぶ基準は、「面白いかどうか」だという。人を跡形もなく吹き飛ばす、前代未聞の怪異ーだが湊の腰は重い。皮肉げに「解決してみせるが、期待はするな」と不可解な言葉を放つ湊。実はこの事件には恐るべき秘密が潜んでいた。


まだ2巻なのにいきなりミナトピンチです(^^;)

「ミナゴロシ」という殺戮の妖怪が今回の敵?です。
無事に解決するも宇宙規模な話の展開でちょっとびっくりです。

また江戸時代から伝わる蜃気楼の伝説。
「ミナゴロシ」の正体も蜃気楼の謎も
なんとなくかわいいなって思ってしまった。

人の死に方がグロいけど
最後は綺麗な終わりだったと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。