スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢陽一 『致死量未満の殺人』

三沢陽一
『致死量未満の殺人』



「BOOK」データベースより
雪に閉ざされた山荘で、女子大生・弥生が毒殺された。容疑者は一緒に宿泊していた同じ大学のゼミ仲間4人ー龍太、花帆、真佐人、圭。外の世界から切り離された密室状況で、同じ食事、同じ飲み物を分け合っていたはずなのに、犯人はどうやって弥生だけに毒を飲ませることができたのか。警察が到着するまで、残された4人は推理合戦を始める…。15年後、雪の降る夜。花帆と夫の営む喫茶店を訪れたのは、卒業以来、音信不通の龍太だった。あと数時間で時効を迎える弥生の事件は、未解決のまま花帆たちの人生に拭いきれない影を落としていた。だが、龍太はおもむろに告げる。「弥生を殺したのは俺だよ」たび重なる推理とどんでん返しの果てに明かされる驚愕の真相とは?第3回アガサ・クリスティー賞に輝く正統派本格ミステリ。


「弥生を殺したのは俺だよ」
から始まるミステリ。

ここで犯人わかっちゃったら
今後のストーリーはどうなるの?
と、少々不満と不安を抱きつつ読みました。

いやー弥生の悪女っぷりが爽快です。
こんな風に思っちゃいけないんだろうけど
たしかにこの人(弥生)誰かに殺されてもおかしくない(^^;)

弥生を殺したと白状した龍太が当時の話をし始め、
ただじっと犯行時の話を聞いてるだけならば
面白くもなんともないので、
ドンデン返しは期待してましたが、
まぁ想定内な話( ´Д`)と思ってたが。

龍太の話の合間にも地味に登場し続ける花帆の旦那。
彼がキーパーソンなのだが。。。

龍太が去った後に本当の事実らしいことを語り始める花帆の旦那。
救いの道を切り開いたかと思ったら
でもその影には他の人間がと「本当の犯人は~」とか言い出し、

彼もそんなつもりはなかったのかも~
だとか、結局このままでいいなら
それでいいじゃん
って思ってしまったよ。
ま、ここまでがこのミステリの醍醐味なんだろうけど(^^;)

でもこんな流れのミステリもなかなか楽しめたので良かった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これ本当なんです!本当におどろきでした!

どうしても伝えたいことがあります。
これまでの私の人生は、お金がなくて、苦しくことばかりでした。
私の人生は、ある方法で、がらりと変わりました。
最初はやっぱり疑ってたんですけど、信じたら本当にお金をもらえました。
不労所得が簡単にできるんです。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに返事出しますね。

絶対に知っておいて損はない情報です。

私と同じような体験をしていたらごめんなさい。
私は不幸な女として今まで生きてきました。
ある人が、私に楽になる方法を教えてくれたんです。
ただ連絡するだけで、あとはどうすればいいか指示してくれました。
すぐに裕福になれる方法があります。
絶対に知りたいという人だけに教えます。
知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
禁断の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。

No title

こんにちは。
やっぱりというかなんというか・・・日記ブログ開設しました。
もろもろは記事に書きますが、gooにて稼働しております。

アドレス→http://blog.goo.ne.jp/kawaiga4940

「藍色倶楽部」というブログです。
これからもよろしくお願いしますm(__)m

Re: No title

igaigaさん、こんばんは~(*^ー^)ノ

さっそくお邪魔させてもらいましたよ~♪
ブローチからgooに行く人けっこういたんですね
何はともあれこちらもよろしくです~!!
プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。