スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去記事より

読んだ本

三津田信三『死相学探偵1 十三の呪』
十三の呪.jpg
あらすじ
 幼少の頃から、人間に取り憑いた不吉な死の影が視える主人公。
その能力を「売り」にして探偵事務所を開くことに、しかし最初にやってきた
依頼人は・・・。

おもしろそうだと思って読み始めたのですが
おもしろくないとは言えませんが、内容が微妙?
キャラがいまいち定まってない感じがするし
主人公は死相が見えるはずなのに、憑物を払ったあとに
1日経ってみないと憑物を払えたかどうかわからないって
死相見えてたんじゃね~の?
死相学探偵・・・死相が見えるだけじゃねー

京極夏彦 『薔薇十字探偵1』
薔薇十字.jpg

この小説は京極夏彦『百器徒然袋―雨』
『鳴釜 薔薇十字探偵の憂鬱』という作品です

やっぱり京極夏彦は面白い!挿絵はなかったけど
表紙絵は小畑健なので満足
近々『2』が出るようなので楽しみに待ちます
というか、『百器徒然袋』を読もうかな

諸田玲子 『末世炎上』
末世炎上.jpg

平安時代を舞台に豊かな髪を持つ美貌の娘、髪奈女
彼女を拾ったうだつの上がらぬ役人、橘音近
名門に生まれながら、無為に遊び暮らす在原風見
末法思想はびこる平安京で、大掛かりな政治的陰謀に
巻き込まれる中、三人はぎこちなくも、自らの生きる道を選び出す。。。

文庫版で600Pあるのですが、おもしろくて一気に読んでしまいました
3人の行く末が気になって気になって・・・
とりあえず、ハッピーエンドではありましたが
ちょっと恋愛部分は皆無に等しいです。

小説3冊読んで『ジョジョの奇妙な冒険』を2部まで読み終えました
次は待ちに待った第3部です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。