スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田崇史 『QED 熊野の残照』

高田崇史
『QED 熊野の残照』



「BOOK」データベースより
和歌山県・紀伊半島に位置する、古来からの信仰深い土地“熊野”。浄不浄を嫌わず、黄泉の国との謂れもある熊野三山ー熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社ーの神々には意外な逸話が隠されていた…。伝承にまつわり一寸の「?」から歴史を辿る桑原崇と棚旗奈々の旅路は、故郷を捨てた悲しい運命を生きる神山礼子と共に、熊野が孕む深遠な謎へと迫っていく。


今回も安定の面白さでしたが、
なるほど、なるほど。
そういうことでしたか?

言ってることがちぐはぐで
「え?」
と思いながら読み進めてました・・・
読み終わるのに時間がかかったので
自分の勘違い?かなとも思ってたけど
最後まで読んで見ると
なるほど、そういうことか!?

この時代にそういう風習がまだ残っているのか
すごい不思議なんですがね(^^;)
そういうところに生まれなくて良かったと。

でも今回の熊野那智を読んで、なぜか
御朱印帳欲しいな
と思ってしまいました(´▽`*)

いつか熊野にも行ってみたいです。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。