スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島有紀子 『しあわせのパン』

三島有紀子
『しあわせのパン』



「BOOK」データベースより
北海道の静かな町・月浦に若い“夫婦”が営むパンカフェがあった。実らぬ恋に未練する女性、出ていった母への思慕から父を避ける少女、生きる希望を失った老夫婦が次々と店を訪れる。彼らを優しく迎えるのは、二人が心を込めて作る温かなパンと手料理、そして一杯の珈琲だった。


月浦にある「カフェ・マーニ」というお店。
このお店にやって来たお客さんたちのお話が
4作の短編として収録。

プロローグから
・さよならクグロフ
・ふたりぼっちのポタージュ
・壊れた番台とカンパニオ
・カラマツもように君を愛す
エピローグまで
「月とマーニ」の絵本が付録として付いてました。

私、単純なので
まずここのカフェの料理が食べてみたい!
って思いました^^

カフェを営む若い夫婦が、
ステキな夫婦だと思っていたのに
なんか訳有りっていうか、
問題抱えたお客さんより複雑な問題抱えてたっぽい

二人の関係性も微妙なようでそれが良いようで、
なんともいえない二人だったけど
絵本『月とマーニ』の
「大事なことはあなたが照らされ、照らしているということ」
という一文に心打たれました。

そういう相手を見つけたってことですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

心癒されます。

かりんトウさん♪はじめまして!!
わか といいます。
いつもブログ、楽しみに見せてもらっています。

「しあわせのパン」、まだ積読状態なのですが、映画が
ものすごーく良かったので、読むのが楽しみなんです。
映画、みましたか??小道具がまずほっこりオシャレだし、
役者さんたちがとても丁寧に演技しているのがわかるんです。
「月とマーニ」の絵本、読んでみたいです。

これからも感想、楽しみにしていますね^^

Re: 心癒されます。

わかさん、こんばんはです(*^ー^)ノ

コメントありがとうございますm(_ _)m
私は映画の方をまだ見ていないです(^^;)

原作を読む限り、人間の心の奥深さが書かれています
映画での小道具は必見ですね♪
ちょっと楽しみになりました(〃∇〃)
機会があれば見ます^^

しっかりした感想は書けませんが
また遊びにいらしてください(´▽`*)
プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。