スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川紺子 『リリー骨董店の白雪姫』シリーズ

白川紺子
『リリー骨董店の白雪姫』
・ラップンツェル・ダイヤモンドの涙
・海の底のエメラルド・プリンセス
・トワイライト・ルビーの夜明け

  

「BOOK」データベースより
19世紀、英国ー。マーチ伯爵家の跡継ぎであるクレアは、ロンドンに骨董店を開く決意をする。令嬢が店を構えるなど前代未聞だが、骨董品の声が聞こえるクレアは、伯爵家に伝わる『レディ・アン・ジュエルの呪い』を解く鍵を探しているのだ。そんなある日、宝石商のオーナーだという青年が、伝説的なジュエリーの鑑定をしてほしいと訪ねてきて…!?宝石がみちびく英国ラブストーリー、開幕。

「BOOK」データベースより
19世紀ロンドン。高級店が軒を連ねる通りに「リリー骨董店」を開いてから約半年ー。クレアはジュエリーたちの手入れをしながら伯爵家の呪いを解く手がかりを探していた。宝石商のオーナー、ジェレミーは毎日のように訪ねてくるが、好意をストレートに伝えてくる彼に戸惑ってしまう。ある日、ジェレミーが義母の遺品であるという指輪を持ち込むが、呪いのジュエリーの気配を感じて…!?

「BOOK」データベースより
ジェレミーへの気持ちを自覚して以来、クレアは脅えていた。「当主の愛した人は死んでしまう」という伯爵家の呪いは解けていない。もし今、爵位がクレアに移れば、彼を殺してしまうかもしれないのだ。そんなある日、クレアはブラウン姉妹と一緒に出席したお茶会で、“エデン・ブルー”らしきアンティーク・ジュエリーが売りに出されるという噂を聞いて…!?英国ラブストーリー、涙の完結巻!



たまにはベッタベタな恋愛ものを読んで見ようかと
思って手にとったはいいが、意外と早く完結してしまって
ちょっと残念(≧д≦)


続きが気になるとか、これは面白い!
というわけではなかったので残念は残念だけど…

ただ、登場人物がけっこう好き♪
ハッピーエンドだから良かったけど、
もっと彼らのストーリーを見てみたかったです^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。