スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂木 司 『和菓子のアン』

坂木 司
『和菓子のアン』



「BOOK」データベースより
デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。


どういうふうに進むストーリーなのか
ワクワクしながら読み始めました(〃∇〃)


和菓子屋さんに勤めるアンちゃんの話
ではあるのですが、しっかりした内容で
和菓子についていろいろ知りたくなる
そして和菓子を知った上で食したい!
と思わせる本でした^^


奥が深いのは知ってましたが
和菓子がここまでしっかりした歴史や意味を
持ってたなんて思いもしなかったので
いろいろ勉強になりました。


機会があったら偉そうに和菓子を買いに行きたいです(´▽`*)









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。