スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田崇史 『毒草師 白蛇の洗礼』

高田崇史
『毒草師 白蛇の洗礼』



「BOOK」データベースより
裏千家の茶席で発生した毒殺事件。真相を追う編集者の西田の前で、第二の被害者は自らの吐血で十字を描いた。同席者が次々と殺害される中、彼は千利休の奇妙な経歴に辿り着く。傲岸不遜にして博学の“毒草師”御名形史紋の推理が冴えるシリーズ第2弾。


読む順番ちょっと間違ったかな~?
って思ったけど、これはけっこう面白かった♪


毒にいろんな意味で強い人間の話。
相変わらず不思議な人。“毒草師”御名形史紋
カレがいなかったら絶対解決しない事件だったと思うぞ!


西田くんの単純さもけっこう好きです。
全作での大失恋(?)から立ち直ってなかったのに…
恐る恐るだけれども、
二人の女性にちょっぴりちやほやされて喜んだり(´▽`*)


高田さんの本を読むとちょっとして薀蓄が増える・・・
トクホンの名前の意味って、なるほど!と思いました^^


「カンナ」シリーズでもちょいちょい出てきてた御名形さん
一緒にいた女性は禮子さんかな?って思ってたけど
違いました^^


つながってよかったです^^




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。