スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田崇史 『QED~flumen~ ホームズの真実』

高田崇史
『QED~flumen~ ホームズの真実』



「BOOK」データベースより
大学時代の知人、緑川友紀子に誘われシャーロキアンの展覧会に参加した崇と奈々。その最中、参加者の一人が展覧会場から不可解な墜落をし、意識不明の重体に。彼女の手に握られていたのはスミレの花だった…!「紫」の意味を巡り、事件は『シャーロック・ホームズ物語』と『源氏物語』に隠された秘密へと近づいていく。『QEDパーフェクトガイドブック』同時収録。


いよいよ、最終巻だそうで
楽しみだったんだけども・・・

以前のホームズの話をひっくり返すっていうのがメインで
ついでに殺人事件?が起きます。
今回は事件の解決より、ホームズの話より
崇さんと奈々がどうなるのかが気になって仕方なかったよ(^^;)


で、この本にはパーフェクトガイドも収められてて
かなりお徳な感じがしました^^
ちょっと懐かしい~って思いました。


よくよく考えたらこれで最後って
やっぱりもったいない。
崇さんのあの無駄(?)話はすっごい好きだったので
番外編みたいなのがいっぱい出てくれないかな~って思った。

また、いつかどこかで彼らに会いたいですな^^






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。