スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田忠司 『目白台サイドキック 女神の手は白い』

太田忠司
『目白台サイドキック 女神の手は白い』



「BOOK」データベースより
文京区目白台ー昔ながらのお屋敷街の雰囲気を色濃く残す街。若手刑事の無藤は、ある屋敷を目指していた。伝説の男・南塚浩平の助けを借りる為に。彼は明晰な頭脳で事件を解決し、探偵として名を上げた男。特例採用で刑事となったが、今では盟友(腐れ縁)、北小路準の屋敷に居候し、警察の仕事もサボリ気味。無藤は彼を呼び戻すため、彼がかつて解決したはずの殺人事件の「再来」を伝えるが…。相棒ミステリの進化形、登場。



読みやすくてよかったです^^
サイドキックって?
って思ったけど、これはなかなかテンポが良くて
面白かった。


南塚さんと北小路さんの掛け合いが小気味よかった
なんか違和感あるな~って思ってたけど
ラストにあぁなるほどなって(^^;)


先が気になる、ドキドキなストーリーではないけど
続きが読みたくなるようなシリーズでした^^




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。