スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富樫倫太郎 『SRO(1) 警視庁広域捜査専任特別調査室』

富樫倫太郎
『SRO(1) 警視庁広域捜査専任特別調査室』



「BOOK」データベースより
警視庁に新設された広域捜査専任特別調査室、通称「SRO」。総勢7名の小所帯にもかかわらず5人がキャリアという、管轄の枠を越えた花形部署のはずが、その内実は訳ありだった。山梨で発見された白骨死体をきっかけに、史上最凶の連続殺人犯「ドクター」を追う調査員たち。警察組織の限界に迫る、新時代警察小説の登場。


ブロ友のigaigaさんからお借りした本、
お借りする際にigaigaさんにちょっとグロイですよ
って言われたのですが、、、
なんてことなく読めちゃいました!!


てか、予想以上に面白かったです♪♪♪


寄せ集めのメンバーで、全然まとまりない上に
各々が問題を抱えてて大丈夫なのか
事件の進展よりも内部の心配ばかりしてました(^^;)


ですが、あちこちの未解決事件が
1本に繋がっていくにつれ、
他のメンバーたちの心情も少しづつ変わり
全然まとまっていないのにまとまっているかのような
捜査をしているのが面白かったです。


SROのメンバーが拉致されてからは
あっという間でした。


実はこれからがこのシリーズの始まりで
この事件をきっかけに数々の試練が待ち受けています。
面白くてお借りしたシリーズ6冊一気に読んじゃいましたww







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あはは(笑)
6冊一気読みでしたか。
ありがとうございますm(__)m
個人的にはハリーの大ファンで
「仕方ない・・・」と言って懐から拳銃を取り出したときには拍手喝采でした(笑)

でも、房子おばちゃんが登場する奇数巻の方が好きです(^^)

Re: No title

igaigaさん、こんばんはです(*^ー^)ノ

予約記事すら忘れるこの体たらく…(T△T)
とりあえず、雪が積もらない冬で楽ですね~
寒いけど(^^;)


積読本もけっこうあるけど、感想書いてない本が15冊もあって
そろそろ書かなきゃ内容忘れる(-ω-;)と焦ってる今日この頃です。


3月中に定例会出来たらいいのですが、
期待せずに待っててください(笑)
プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。