スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富樫倫太郎 『SRO(6) 四重人格』

富樫倫太郎
『SRO(6) 四重人格』



「BOOK」データベースより
東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。大人気警察小説、待望のシリーズ第六弾。



今回の事件は半分は秋田が舞台。
なので移動中とか、容易に想像できて楽しかったです(〃∇〃)


けど、四重人格がよくわからなくて(^^;)
林葉さんには林葉さんの人格はあったのかな??
その辺わからなかった( ´Д`)=3


秋田と東京をまたぐ事件解決に麗子さんの恋事情や
山根さんの恋事情がチラホラ見られ
そっちもちょっと気になったのですが
麗子さんの方は・・・まぁ仕方ないですな(。-∀-)ドンマイ、長坂くん。


この二人だけじゃなくハリーの方や緒方さんとこも
いろいろあって大変ですが、やっぱり山根さんの恋事情が
気になってしょうがない。。。


いったい花子さんは何を考えているんだ!!
今後の山根さんと花子さんと夏目さんの三角関係(?)も
楽しみの一つです(笑)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かりんトウ46

Author:かりんトウ46
多趣味の一つとして読書がございます。本を読むのは好きなので簡単に感想書きたいと思います。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。